<< 『MINIATURE』から果実酒 2 ステッチideesアンティーク... >>
うさぎのクッション
d0234812_7583245.jpg

Haandarbejdets Fremme
Design:Gerda Bengtssongキット№20-0352

Gerda Bengtssongさんの最初の刺繍作品といわれているキャンバスワークのうさぎのデザインです。
キャンバス生地にウール糸でテントステッチで刺繍します。
早くクッションに仕立てたくて裏はリネン生地にしているのですが、
良い色のウール地かベルベットなどの生地が見つかったら、仕立て直したいと思っています。

テントステッチ(プチポワン)は1ステッチで刺していけるので、慣れてしまうと楽しくサクサク刺せます♪
クロスステッチの2ステッチで1目の世界に戻るともどかしい気がします。
その点では、アウトラインステッチなどのフランス刺繍の楽しさと同じでしょうか。
ただカウンティングステッチは文字通り目の数を数えながら図案と布目と交互に見なければならないので、
根気のいる作業には違いありません。

フランス刺繍(フリーステッチ)はながら作業が可能なので、最近はついそちらの世界に心も手も動いてしまいがちです。

こちらのクッションは同じウール糸でキャンバス地に刺したものですが、クロスステッチになります。
d0234812_8372115.jpg

Haandarbejdets Fremme
Design:Gerda Bengtssongキット№20-2218

ウール糸も発色がよく花糸に負けず劣らず美しいです。
うつくしい糸は手にしただけで癒し効果がある気がします。

さらに、現在手が止まってしまっている作品。






d0234812_8553816.jpg

Haandarbejdets Fremme
Design:Christiane Hækキット№20-3154
このクッションも、ユキ・パリスさんの展覧会で見染めました♪
やはりクロスステッチなのであれこれ気が散りがちなここ最近の気分のために放置されてしまっています^^;
[PR]
by ellecoco | 2011-07-08 09:12 | fremme | Trackback
トラックバックURL : https://joliefil.exblog.jp/tb/14024525
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 『MINIATURE』から果実酒 2 ステッチideesアンティーク... >>