<< あじさいの季節2 カルトナージュがたのしい♪ >>
フレメの花糸❀
フレメの魅力のひとつは花糸の発色の良さだと思います。
101色の花糸を贅沢な色見本のようにした〝101のバラのタペストリー”を一つ目のベルプルに選んだのが、
もう3年ほど前のこと。
当時子育て真っ最中の2002年に発行された『別冊暮しの手帖北欧の手づくり手帖』を本屋さんで手にした時は宝物を見つけた様にうれしかったことを憶えています。
d0234812_8413342.jpg

ベルプルの裏に刺した日付によると2009年の9月に完成したようです。
この時の花糸は102色に増えていて、102色のバラにしたくて苦心しました。

参考にさせていただいたのがこちらのblogでした。
fremmeファンの方にはおなじみのサイトだと思います。
私はパッチワークは全くやりませんが、パッチワークも素晴らしくて、楽しみで拝見させていただいています。
タペストリーの仕上げ方が丁寧に画像で表現されていて、とても参考になりました。

ずいぶん増えてしまった花糸たちは100円ショップで買った〝チャック付収納袋”に一色ずつまとめて
籠に詰め込んでしまっています。







上段のHAANDARBEJDETS FREMMEの赤いロゴマークもとってもかわいんです♪
d0234812_951629.jpg


山梨幹子さんの世界も普遍的にうつくしい素敵なスタイルで、いつまでも残っていてほしいと思います。
この別冊も復刊されるといいですね。
[PR]
by ellecoco | 2011-07-01 09:23 | fremme | Trackback
トラックバックURL : https://joliefil.exblog.jp/tb/13941587
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< あじさいの季節2 カルトナージュがたのしい♪ >>