タグ:paris ( 18 ) タグの人気記事
つづき。。
ヴァンヴからモンマルトルへはバスで。
メトロでは見ることのできないパリの街の日常が味わえました。
丘のふもとで降りて、ゆっくり景色を楽しみながら歩きます。
d0234812_13531632.jpg

ぶどう畑。
d0234812_13575732.jpg

その向かいには、「Au Lapin Agile」ピカソも通ったというシャンソニエが。
d0234812_1432264.jpg

壁に描かれたうさぎの絵が目印。

窓のグリーン+ホワイトの枠とゼラニュームのピンク。どこもここも絵になります。
d0234812_1444076.jpg



d0234812_1485364.jpg

上りきると、サクレ・クール寺院。
d0234812_14113759.jpg

観光地につきもののカルーセルには大人たち。
d0234812_14133484.jpg

隣の滑り台にはこどもたち。
d0234812_1419555.jpg


そして、お目当ての問屋街へ。
d0234812_14202557.jpg

二年前と変わらずたくさんの人で賑わっていました。
いつものごとく、先を急ぐ私たち。
この日もほぼ目的を果たして、サクレ・クール寺院の見えるカフェで遅い昼食になりました。
d0234812_14322066.jpg

[PR]
by ellecoco | 2013-11-12 14:35 | paris | Trackback
活動二日目は二度目のヴァンヴ♪から
行く前から期待度MAXのヴァンヴ蚤の市。
価格も品揃えも庶民的で、ガラクタもいっぱいな感じにワクワク感が増します。
以前の場所になかったMISSYのお店も見つかって、kawaiiの連呼。
d0234812_1142122.jpg

ここはいつも女性客であふれていて、全体像が撮れません;;;
ほんの少し、覗き見的に・・
d0234812_11465071.jpgd0234812_11454081.jpg

お見せの奥にちょこんと座ってお店番されているJuliaさんのかわいらしさそのままの品揃えです。
前回と変わらず、私の中のメルスリーという言葉のイメージそのもの。
こんな時、フランス語を勉強しよう!と一念発起してみたりするのですが。。

こちらのお店でも掘り出し物をいくつか見つけました。
d0234812_1263461.jpg

日本人客がメインのよう。ジャンクなもの達の中にレースやリボンがあったり・・
小さなかわいい小物があったり・・こんな中から宝物が見つかったりするのが、蚤の市の楽しさですね♪

この日は、この後モンマルトルへも。
それはまたいずれ。。

パリのアパルトマン。
d0234812_12165310.jpg

あの窓の中の暮らしぶりにも興味が湧いて、街歩きの足取りは軽やかです。
[PR]
by ellecoco | 2013-10-23 12:22 | paris | Trackback
旅の初日の夜遊び?!
終わったと書いてしまった初日には、続きがありました。

Shatouの蚤の市をた~んと歩き回って、お疲れモードの夕刻、
有志だけで夜のルーブルへ。
夜の治安の悪さも考慮して、カメラは持たずに出かけたため、
スマホで撮った一枚を。
d0234812_2340437.jpg

この画質では、夜のルーブルの光り輝く美しさは伝わりにくいと思いますが^^;
疲れも吹き飛ぶ、威風堂々なまぶしさでした☆
美しき威厳に圧倒されつつ、進んだ先は期間限定のexposition。
「Le printempsde la Renaissance」ルネサンスの春

ドナテッロをはじめとする黄金期のフィレンツェの彫刻家たちの作品が贅沢に展示されていました。
d0234812_03113.jpg

ドナテッロの愛らしい天使の笑顔も魅力的でしたが、彫刻に全く疎い私の一番の収穫は
ルカ・デッラ・ロッビアを教えていただいた事。
カタログの上のハガキもロッビアの作品です。
母子の肌がとろりとした乳白色で滑らかに優しく輝いていました。
今でもその“白”が目に焼き付いています。
背景のブルーと目にも入れられた透明感のあるブルーも美しかった。

またどこかで再会できることを期待しています。

美しく明るい時代の彫刻たちに元気をたくさんもらって、タクシーに乗り込むと
ライトアップされ昼とはまた違う表情を見せる景色が微笑んでくれているかのようでした♪
「一日目からこんなに飛ばして、いいのかしら・・」タクシーの中4人のつぶやき。。
[PR]
by ellecoco | 2013-10-18 00:28 | paris | Trackback
Chatouにて・・蚤の市を堪能
入り口で地図をいただいて、広い広い蚤の市会場めぐりが始まりました♪
d0234812_034485.jpg

d0234812_041682.jpg

もうすでに目はハート♥

大きな家具、建具・・すてきです。。
買えないけど、傍にある小さなものを買ってなんだか満足。
d0234812_0135514.jpg

歩いて歩いて・・見ているだけでも幸せ気分。
時を経た美しいものかわいらしいものが溢れた空間。
アンティーク、ブロカント、ますます好きになりました。

お昼の休憩は、会場内のワインバーにて。
d0234812_0292044.jpg

こちらの蚤の市は、ハムのお祭りでもあるそうで、
おいしそうな食材を並べた屋台もたくさん出店されていました。
d0234812_030224.jpg

d0234812_0304398.jpg


ボリューム満点のオムレツ。
d0234812_0331734.jpg

サラダやチーズもたっぷりで。。

ワインは試飲用にいくつか開けてくれました。
d0234812_0362277.jpg

とてもおいしく、お土産用に皆さん数本ずつお買い上げ。
12月頃日本にとどく予定です♪

今回はなぜか布にあまり縁がなかったのですが、
目では十分すぎるほど堪能できました。
d0234812_0405552.jpg


看板犬もあちらこちらに・・
d0234812_0424046.jpg

みんなおとなしくいい子です。

ぜひ、もう一度!
そう願いたくなるすばらしい蚤の市でした♥
d0234812_0443970.jpg

これも売り物?

この日の戦利品は・・
d0234812_1285459.jpg

入り口でいただいたぶたのピエロ君のイラスト入り地図と一緒に。
お腹も心もいっぱいな旅の初日が終わりました。

Chatou-Croissy、また行きた~い♪
[PR]
by ellecoco | 2013-10-16 01:36 | paris | Trackback
二年ぶりのパリは蚤の市から
待ちに待った10月3日。
一人地方に住む私は始発の新幹線に飛び乗って、二年ぶりのパリへの旅が始まりました。
d0234812_23521454.jpg

空港からホテルへ向うバスの車中はいつもときめきます。
d0234812_23524832.jpg

名も知らぬ街角も妙に美しく思えて・・パシャリ

夕刻の到着だった初日は、夕食もホテルで軽くいただいて
翌日はCHATOUの蚤の市へ♪

大昔にパリに来た時には存在しなかった路面電車トラムの駅。
d0234812_23531764.jpg

d0234812_2354350.jpg

2年前も今回もずいぶん便利に利用させていただきました。

RERに乗り継いで、パリ郊外のChatou-Croissyへ。
d0234812_23542897.jpg


前夜の雷が嘘のようなお天気にも恵まれて、セーヌ川も美しく輝いています。
d0234812_23545627.jpg

川を渡って広場に向かうと、出店準備の車や大きなかごを持った人たちの姿が・・
街に近づく車窓からも大きなテントの波が見えていましたっけ。。

ほどなく蚤の市会場入り口に到着。
d0234812_23552634.jpg


ワクワクドキドキの蚤の市めぐりのはじまりです♪
d0234812_23573385.jpg



つづく・・


そう、ご心配おかけしたCocoもすっかり元気です^^
昨日のお散歩姿
d0234812_011990.jpg

d0234812_0114433.jpg

d0234812_0123397.jpg

[PR]
by ellecoco | 2013-10-14 23:33 | paris | Trackback
atelier leçon☆monogramme
リラの花の隣にやっとイニシャルが刺せました。
d0234812_1546357.jpg

自分でも見よう見まねで刺してはみたものの、結局途中であきらめ解いたままになっていました。
ちょっとしたコツで、私にもそれなりに刺すことができました♪
習うことの大切さを痛感。
影の部分に入れたツートーン部分を最後に入れる時が、何とも快感。。刺繍ってたのしい~って思います^^

それから、葉っぱ一枚だったクロスステッチは・・
d0234812_162247.jpg

うさぎのパレード。1目刺しです。
と、編集していて、???うさぎの足のところに違和感。。
一段多く刺していました(汗)少し足長うさぎ^^;
刺し直すのは辛すぎるので、どうにかごまかしの刺し足しを・・
短い脚が好みなので、ピンクの上着を微調整。
d0234812_1674731.jpg

ほぼ自分だけにしかわからない程度の自己満足ですね。
間違いは旗の模様にも1か所あるのですが、そちらは刺し途中で気づきながらそのままに・・
1over1は、夜の暗い明りのもとで刺すべきではありませんね^^;

今回のレッスンでは、懐かしいカトリーヌさんにも再会できました♪
亜紀先生のお友達、パリでカルトナージュを教えて頂いた先生です。
来日されていることは伺っていたのですが、もう次の目的地に向かわれているとばかり思っていたので
うれしい驚きでした。
とても日本贔屓の優しい方で、フランス語のできない私にも上手な日本語で挨拶してくださって。。
当日、関西方面へ出発される日だったので、ほんのひと時ご一緒できただけでしたが、
「daizyoubu」「ikemen」「iiseitodesu」etc・・かわいらしい言葉の数々を思い出して、
心がほっこりしています。
また、いつかお会いできますように☆
d0234812_16411189.jpg

2011・9・12 カトリーヌさんのアトリエ近く
d0234812_16403715.jpg

2011・9・12 パリ郊外カトリーヌさんのアトリエにて
[PR]
by ellecoco | 2013-02-06 16:49 | 刺繍/emboidery | Trackback
rectangle(petit)完成♪
d0234812_1239838.jpg


刺繍は・・
d0234812_1240870.jpg
中に貼りました。
底に敷いた深紅のボタン柄(コーヒー豆のようにも見えます!?)の生地は“ソフィーさんのブロカント”
からの大切なお土産のひとつ。
亜紀先生のお見立て通りとても重宝しています^^
現行品のはずなのですが、ソフィーさん宅にあった選ばれた生地たちはどれもアンティークっぽさが
あってすてきでした♥

さらに裏も・・
d0234812_12543397.jpg

赤い色は気分を明るくしてくれます♪

もう一つ、一回り大きい箱も赤でつくろう!♪ワクワク^^
[PR]
by ellecoco | 2012-02-05 13:05 | cartonnage | Trackback
Compagnie des Ouvrages♠
キツネとつる(原題はこうのとり)のお話のモチーフ部分バックステッチをさしはじめています。たのしい♪
d0234812_16164583.jpg
Compagnie des Ouvrages‘Le loup, le renard ’

バックSを刺していくにつれクロスSが浮き上がってきます。

このところ先週末のセンター試験で落ち着かない日が続いていました。
成績のことはともかく、何とか事無く終えれたようでひと安心です。

そんな気もそぞろな時にはカウントステッチ!と一目一目に集中して
気持ちを落ち着けることができました^^
受験はこれからが本番です。
まだまだ不安な日々が続きます。きっとその間このkitのステッチが進むことになりそうです。

気持ちが落ち着くように
ここでまたパリの思い出画像を・・
うつくしいノートルダム大聖堂のレリーフを少し変わった角度から
d0234812_1640433.jpg

d0234812_1647820.jpg

[PR]
by ellecoco | 2012-01-17 16:47 | 刺繍/emboidery | Trackback
素晴らしい時の流れは速くて・・2
早速レポートのつづきをはじめましょう。。

もっと部屋全体を写した画像があると、生活の中に溶け込んでいるソフィーワールドが
わかりやすくお伝えできると思うのに、すごく口惜しい・・
所々を切り取った形でのUPですが、
d0234812_10314420.jpgプチパニエのコレクション♥

その棚の下には、ARI人形が集合♪
d0234812_10334631.jpg

ここはなんとダイニングキッチンの一角なんです。
ダイニングには午後の光がたくさん降り注いでいて、そのおかげで
ピンボケなしの写真が数枚ありました。
リビングに比べてpopな感じなものが並べらて、
お台所仕事も楽しそう♪
d0234812_10382968.jpg


窓の外に見えるお庭でランチをいただきました。
d0234812_1050282.jpg


後から増設されたというテラスもすてきでしたよー☆彡

玄関もお手洗いも!もうこれでもか^^というくらいに、
たくさんのステキかわいい世界が・・
これで、お子さんが3人とも男の子というのがまた驚きです^^

お子さんといえば、ハンサムな上の二人の男の子はわざわざ挨拶をしに来てくれました♥
本当にオープンなんです!感心~♡

そろそろレッスンのお話に移りたいのですが、その前に。。
サプライズなブロカント、“Sophieのお店”(!?)のことを。

リビングに案内されるや否や目の前にソフィーさんが蚤の市などに通って集められた
ブロカントの品々が❤
さらにかわいいことに、それぞれが組み合わせも様々に小さな袋に入れられているんです。キュ~ト
お値段もかわいくて^^びっくり!
その小さなブロカントにキャピキャピ騒いでいる四十路の女の子たちに^^さらに
地下にもあるけど見る?との声掛けが!
それは、それは、楽しいひと時でしたー!♪
ここが日本で荷物の郵送のことなど何の心配もしなくて良ければ、
ごっそり丸ごとお買い上げ!したかったぁ!
失礼しました・・つい興奮がよみがえりお品がよろしくないですね^^;

お譲りいただいた品々。それに、
帰りにソフィーさんに車で送っていただいた際、御用達の雑貨屋さんで購入したモノも含めて。。
Sceauxの心躍る思い出たちです。
d0234812_11443313.jpg

ソフィーさんの収集されている布のストックからも数枚譲っていただきました。
これは必ず何かの形に仕上げたいと思っています。ちょっとプレッシャー^^;
布はあえてUPしないことにさせてください。

ソフィーさんの最新刊と買いそびれていたずいぶん前の書籍も購入。
こちらも2冊ともにサインをしていただきました。
お宝・・いくつ目!?
d0234812_11541472.jpgd0234812_11535715.jpg

そしてラストは、レッスンのこと♪
ソフィーさんは普段、週にたった一日だけ、しかも1回6人ほどの少人数限定で
教えていらっしゃるのだそうです。
もちろん希望者多数で、泣いてお願いされる方もいらっしゃるとか。。答えはNon!で、そこは厳しく^^
あんな素敵な空間でレッスンを受けられたら、日常のあれやこれやも吹き飛んで
リフレッシュできそう・・って、われらが亜紀先生のアトリエがまさにそんな場所でしたね^^

今回のレッスンでは、ちょっと変わった形の小物入れを作りました。
角がしっかり作れずにうつくしい出来栄えではありませんが、
UPするにあたり、きのう慌てて中身を仕上げました。
こんな感じです^^;
d0234812_1211503.jpg
d0234812_12125972.jpg
↑のレースのリボンはソフィーさんが一人一人にササッと作ってくださって・・
わざとクシュクシュっとさせる手加減が、なるほどー!でした。

それでは、長々とお付き合いいただきありがとうございました!
そろそろ非日常の世界から復帰せねば。。
先日標高1700m超え!の山に登山して、少しはパリ病から抜け出せたようですが^^
[PR]
by ellecoco | 2011-09-27 12:27 | paris | Trackback
素晴らしい時の流れは速くて・・
今回がこの拙い旅行記の最終話となります。
帰国前日。
待ちに待ったSophie Delabordeさんの自宅アトリエでのレッスン♪
新刊が出るのを楽しみにしている手芸作家さんのひとりなんです。
亜紀先生の作品ができるだけ作り上げて手元に置きたい作品だとすると、
ソフィーさんの作品は、ソフィーさんの独特の世界観の中でこそ映える作品だと思っていました。
本の中の洗練されたカワイさをニコニコしながら眺めるだけで満足・・といったような。。

そんな憧れの空間に実際足を踏み入れることができるなんて♥
浮き立つような気持ちで降り立ったのはパリ郊外ソーの町。
d0234812_2323025.jpg

駅前のローターリーや町並みは田園調布に似ています。
そんな高級住宅街の始まりのところにソフィーさんのお宅はあります。

がその前に、ソーの町はほとんどが公園に囲まれるように存在しているのですが、
その緑の美しさを眺めるために、ソフィーさんのお宅を横目にまずは丘のほうへ。
d0234812_23235899.jpg
先生の解説によると、ヴェルサイユ宮殿の設計の際ここの景色をお手本にされたとのこと。
うなづけます。

d0234812_23245253.jpg

さて、お待ちかねソフィー邸。
出迎えて下さったソフィーさんは、写真で見るよりずっと美しい方でした☆
バカンスから戻ってきたばかりと言われて、小麦色の肌でにっこりされる姿が
おひさまのように輝いていました。

写真撮影に関しても全くOkで、とにかく誰に対しても心を開いて接してくださる方・・と、いった印象♪
カトリーヌさんにしてもフランスの女性が一般的にそうなのかしら、と思うほど
みなさん包容力豊かで包み込むような優しさを感じました。

撮影許可をいただいたにもかかわらず、私はどうもよそ様のお宅で写真を撮ることが苦手で
ただでさえ腕もなければ機械も古いというのに、硬くなってしまうのかピンボケと構図の悪さで
使えない写真ばかり・・
それでも、今回は最終回ということもあり奮発して画像を載せてみたいと思います。
コレクションの数々・・ため息ものでした。

d0234812_23551634.jpgまずはモシュリンヌ♥


お人形たち**
d0234812_2359444.jpgd0234812_02073.jpg
d0234812_013854.jpg

こういった人形をリビングに置いても全く違和感がないんです!
それは本で見ただけではわからなかったことでした。
飾り方、つまり結局はセンス!なのでしょうが、
とてもあま~いアイテムが日常生活の中にしっかり溶け込んでいるんです。
天井が高く広い空間があるからこそなのでしょうか?
日本ではやはり無理!?それでもちょっと狭い我が家のインテリアにも参考になりそうなヒントもいくつか。。
帰国後あらためてソフィーさんの本を違う視線で見るようになりました。

まだまだ、この回の話は尽きません・・
続きはまた明日にでも・・おやすみなさいzzz
[PR]
by ellecoco | 2011-09-27 00:20 | paris | Trackback