タグ:絵本 ( 14 ) タグの人気記事
4月が終わってしまわないうちに;;;
年度始めの今月は矢のように駆け抜け。。手仕事の手も止まりがちに。
やっと時間ができたので、気分転換もかねてパッチワークに初挑戦。
刺繍友達に本をお借りして読んでみたり・・
???
考えてもわからない時は、まず作ってみること!と、
気分が上がりそうなキュートすぎるキットをぽちり。
松山敦子さんのオリジナルキットです。
d0234812_23551296.jpg

誰へのプレゼント?
いえいえ自分用です^^;

実際に一つ完成させてみてやっと本に書いてある初歩的な意味もわかった感じ。。

なにより完成まで一気にとても楽しく作れました♪

裏にもバンビが。
d0234812_23554122.jpg

中にはさくらんぼといちご。
d0234812_23581196.jpg

ちょっとお子ちゃますぎます?

オリジナルのキットとひとつだけ違うのは、ファスナーの飾り部分。
チャームをドロップ型のベネチアンガラスに付け替えました。

なんとこれ、大学の卒業旅行の時のもの。
たしかローマの旅行者向けガラス工芸のお店で、記念に無料でいただきました。

もともとペンダントトップだったのを、ガラス部分だけ取り外しずっと引き出しの奥に眠らせていたもの。
d0234812_0124568.jpg

バンビの隣で輝くことになろうとは^^

手の止まっていた刺しゅうもぼちぼち・・
d0234812_01431.jpg

大すきなベスコフの絵本から。
色見本とにらめっこしながらの作業です。
[PR]
by ellecoco | 2014-04-19 00:19 | 布遊び | Trackback
パリの宿題と三脚の椅子のリメーク
前回途中経過をチラッとお見せしていたモニクさんのクロスステッチ。
刺繍を終えて、裏布をミシンでざっと縫い付けました。
d0234812_0174569.jpg

クロスステッチの図案はMonique Lyonnetさんの『ABC textiles』より

HとPARIS2013の部分がパリでのワークショップの課題。
星や枠の部分は、上記の本よりモチーフを自由に組み合わせてみました。
思いつきで星を置くと、最後になんとなくバランスが、ムムム。。
右下にかがり縫いのステッチを施すと、いたずらっ子の男の子のイメージ。

ちいさな子どもはもういないのですが、遊び心が湧いてきて、
裏布にもちょっとキッチュな3匹の子豚を選んでみました。
なんだか顔がほころびます。
d0234812_03848100.jpg

パンヤが残り少なくなっていたので、クッションに仕上げるのはしばしおあずけ。

この生地の動物たちのいきいきとかわいいこと♪

布にプリントされたイラストの作家は残念ながら知らないのですが、
3匹の子豚の下に置いた絵本は、プロベンセン夫妻の『かえでがおか農場のいちねん』。
そして、こちらは
d0234812_0563390.jpg

パリの絵本市でキュンときて、作者もわからず買った子猫の絵本。
これも同じプロベンセン夫妻の手によるものでした。
後で気づいてとても驚きましたが、作風は違っても
動物の生き生きとした描かれ方には共通するものがあります。

このところすっかりこのモニクさんのクロスステッチに手を取られ、
他の刺繍はおあずけでした。
それでも目移りばかりしてしまう性格。

男前の刺繍^^をしていると、乙女なものにも手が、目がいきます。

そんな中、以前額装にしていた3脚の椅子に目が留まり、
・・・しばらく考え、ついに手を伸ばし・・・
エイ、と一気に変身させてしまいました。
d0234812_1135482.jpg

うさぎとりすのメタルパーツを座らせてみたりして。

裏地にはとっておきのリバティを。
d0234812_1194772.jpg


以前にもミニポーチを同じ図案で作っています。
並べてみると。
d0234812_1313640.jpg


宿題もやっと終えて、そろそろまた新しいものに目移りし始めています^^
[PR]
by ellecoco | 2014-03-02 01:39 | 刺繍/emboidery | Trackback
3脚の椅子 完成・・
d0234812_13525735.jpg

文字が少し小さかったよう。。
飾りのレースで調整してみました。

文字は、前回のブログでも紹介させていただいた
『素敵なフランス語のフレーズ365』から。
マティスの言葉
~Il y a des fleurs partout pour qui veut bien les voir.~を。
   ほんとうに見たい人には、花はそこら中にある。
確かにマティスの描くモチーフはその言葉のまま。
その見つけたfleursをあんな風に取り出して表現できたら最高でしょうね。。

この言葉で大すきな絵本『エミリー』を思い出しました。
d0234812_147480.jpg

アメリカの詩人エミリー・ディキンソンとのことが描かれているのですが、
その本の最後に引用されているディキンソンの詩がふと思い浮かびました。

Who has not found the Heaven-below-
Will fail of it above-
For Angels rent the House next ours-
Wherever we remove-

天国をみつけられなければー地上でー
天上でもみつけられないでしょうー
たとえどこへうつりすんでも
天使はいつもとなりに家をかりるのですからー

掛川恭子訳


詩はもちろん絵本のお話もすてきです。

我が家でいつも隣にいてくれる天使は・・
d0234812_1455359.jpg

日向ぼっこ^^
地上の天国を体感中?

最後に秋の花を・・
昨日の夕方散歩の帰り道に白い花をいただきました。
かわいい清楚な花。
庭に自生した萩とムラサキシキブを合わせて
d0234812_1555177.jpg

カスミソウと言われたけど、
小菊のような、でも葉っぱが菊ではない。。
どなたかご存知の方、教えてください。
[PR]
by ellecoco | 2012-09-26 15:14 | cartonnage | Trackback
クロスSの手を止めて・・2
まだクロスステッチに戻ることができず、
久々のボール紙のカットから全行程手作業のカルトナージュ。
今日は休日返上で(?!)集中作業でした^^

d0234812_17261646.jpg

始まりは、通えなかったワークショップのすてきなふみ箱を何とかお譲りいただいたことから。。
アンティークの風合いの写真手前の生地♥
仕上がりはこちらです。
いいでしょう♪中のトレイに施された忘れな草の刺繍がまたかわいらしい。

その練習にとブルーグレーのリネンに一つ刺してみました。
その布選びも前回のエクラのコラボワークショップで、
グリーンぽい麻布に同じ忘れな草を刺されていた方がいてすてきだったから・・
マネマネ作品ですね^^

何にしようと考えて、本探し。。ガサゴソ
こちらの雑誌に掲載された亜紀先生の作品を参考に作りました。
d0234812_17441152.jpg

『リネン&コットンと暮らす。vol.7』
左の洋書は言わずと知れたケイト・グリーナウェイ。
この『under the window』の挿絵をモチーフにした生地を
新宿のユザワ屋で発見。↑の内布に使いました。
1mだけ買ったのですが、あまり見かけない柄。
もう少し多めに買っておくんだったかな。。
でも少しだから大切にしたくなる。。よくばらない^^

リボンも、以前作ったすみれのカイエでキットになっていたリボンの色違い。
こちらも偶然netで見つけて4色get。
細くて使いやすいリボンです♪

ちなみに、仕上がった作品はメモケース。
子どもたちの高校時代の使用途中のノートがたくさん残っていて、
捨てるに捨てれなかったのですが、未使用部分をカットしてメモに活用する予定です^^
[PR]
by ellecoco | 2012-07-29 18:09 | cartonnage | Trackback
うさぎのポーチとうさぎの絵本
ばね金口を付けるのが意外と簡単でまた作りたくなりました。
でも今度は手縫いかな^^;
ミシンだと縫い始めと終わりがきれいに仕上げられません。
いつかミシン目がうつくしくなりたいものです。。
d0234812_1943225.jpg


うさぎといえば
アリソン・アトリー作マーガレット・テンペスト絵の『グレイラビットのおはなし』も
大好きな絵本です。
d0234812_2013252.jpg

ピーターラビットと同じくうさぎ以外の脇役のキャラクター陣も個性的で魅力的。
子どもに蜜蝋粘土でグレイラビットやハリネズミ坊や、リスのスキレル、郵便屋のコマドリさん
などを作ってあげたことがありました。
いつものことながら子どものための粘土遊びに夢中になりすぎて
ふと気づくと、子どもは全く違う遊びを始めていましたっけ・・^^;
もうずいぶん昔の話なのに、きのうのことのよう。
[PR]
by ellecoco | 2012-02-27 20:24 | book 絵本  | Trackback
petite pochette ♠
“こどもの景色”の図案セットに同封されていたうさぎのポーチキットの作り方を参考に
図案を替えてちいさなポーチを作ってみました。
d0234812_17132541.jpg

図案はモンヴェルのVIELLES CHANSONS ET RONDESから。
勇気を出して少しアップに・・
d0234812_17171948.jpg

転写しただけでも、写した人の個性が出ます。
私が写すと、どうしてもマンガチック?アンティークっぽさが消えてしまいます^^;

さらに勇気がいりますが、裏も。
なぜかゴルフ柄^^繊細な色の組み合わせが好きです。
d0234812_17244334.jpg

ちょっと出来上がりが心配で、基本のデザインのままで仕上げています。
簡単な説明だけだったので不安だったのですが、本当に説明通りに作っていくと
あら不思議^^小さなかわいらしいポシェットが♪
スカラップ部分だけは、ステッチideesの10号記載のカトラリーケースのページを参考にしました。
前回作のノートに同じ図案をカーボンで写してみました。
ペンで描く線より柔らかくてgood♥
[PR]
by ellecoco | 2011-10-16 17:41 | 刺繍/emboidery | Trackback
La Ronde Enfantine
Compagnie des Ouvragesの刺しかけのクロスステッチ×××
d0234812_16555995.jpg

なんと前回PC修理の間に刺した部分に間違いを発見!!!
解く時間の虚しさ。。しかも1over1の抵抗力^^;
生地をなるべく傷めないようにハラハラしながら根気のいる仕事でした。
刺すよりずっと時間がかかった気がします。
そして、おんな子のがもう一人増えました♪

先日のレッスンの時に素敵なクロスステッチの作品を額装されている方がいて、
我が身を省みての、久しぶりのクロスステッチ!だったのですが・・
その方の作品はシルクの刺繍糸で刺されたとのこと!脱帽です^^

ところで右の本、今回パリで購入したものなのですが、
昔の物と比べるとずいぶんポップな色彩になっています。
パリの街も変化したように感じましたが、
時代の流れには、かのフランスのような国でも逆らえないのでしょうか。



表紙も、
d0234812_1793896.jpg

以前のとは全く違って、日本で出版された同じMonvelの『ジャンヌ・ダルク』とよく似ています。
『ジャンヌ・ダルク』も、実際こちらがモンヴェルの代表作のようで、趣は異なりますがとても美しい絵本です。

クロスステッチに話は戻りますが、残すところもうあと3人になりました。
今年中には仕上げたいので、眠気と戦いながら毎日手の届くところに置いておくつもりです^^
Compagnie des Ouvragesのキットは、もう一つ大作のLe loup, le Renard (おおかみときつね)が
待っています。
d0234812_17323785.jpg

ずっと憧れていた作品なのですが、この青糸の束!!
ちょっと退いてしまうでしょう^^;
額装した時の美しさを思い浮かべながら、次はこちらに挑戦してみようかな♪
コラコラ、まだ今のが完成してないって!^^;
[PR]
by ellecoco | 2011-10-11 17:46 | 刺繍/emboidery | Trackback
2コマまんが?!
↓のアウトラインステッチの簡単バッグ完成しました♪
まず表、
d0234812_13521195.jpg

なんだかタンタンの絵本に出てきそう。抜き足差し足・・

Bang!
d0234812_13593637.jpg

あらら・・で、おしまい!
わらべ歌の絵本の挿絵にしてはシュールかも。
犬の目が笑っているのがおもしろい^^
表も裏もM.BOUTE DE MONVEL『Vieilles chansons 』から。

下のタンタンの絵は、『HARRAP'S Tintin au pays des mots』。
d0234812_1411948.jpg

タンタンのイラスト付きの英仏・仏英辞書です。
ハードカバーですごく重たい。
これは読み聞かせできませんから^^子どもたちが絵を見るために捲っていたらしく
背表紙がボロボロに・・
20数年前学生だった頃、市ヶ谷の日仏学院の購買部で購入したもの。
第二外国語は中国語だったんですが・・^^;
[PR]
by ellecoco | 2011-08-31 14:26 | 刺繍/emboidery | Trackback
久しぶりのアウトラインステッチ♪
先日伺ったjeudefilsの企画展に触発され、手持ちのMONVELの絵本から図案をいただいて・・
d0234812_17242275.jpg

アウトラインステッチで刺してみました。

企画展でとても素敵な青糸のステッチを見せていただいたので、
青糸1色のステッチを試してみたくなりました。
以前にもelleのお散歩用バッグに変身させたHANSEL & GRETELというお店のショッピングバッグを
片側だけ解いてステッチしてみました。
このちいさなハンターと猟犬の進む先には・・
続きはまた後日^^

企画展で購入した図案集からのチャートは、まだ先のお楽しみに♪

糸巻きも一つだけ増えました♥
図案は前出の『Petits cadeaux brodés』より。
[PR]
by ellecoco | 2011-08-29 17:49 | 刺繍/emboidery | Trackback
くまの絵本
絵本は子どもが成長した今も大切な宝物です。
ときどき1冊手にとって読み始めると、2冊目3冊目と、つい時を忘れてしまうことも・・
d0234812_1081652.jpg

A.A.ミルンの『くまのプーさん』は我が家でも子どもに大人気でした。
E.H.シェパードの描くスケッチ画はいつ見ても色褪せることがありません
分厚い事典のような方は、全集になっていて
ミルンとシェパードのコンビで作られたお話が4作すべて収められています♪

これも以前紹介したピータラビットの全集同様読み聞かせ用だったので、比較的きれいな状態のまま。
もう一つのリボンで閉じるものは、しかけ絵本になっていて、
d0234812_1037477.jpg

子どもの手垢、しみなどでボロボロ状態・・アンテーィクではありません^^;
それでも破れている箇所はないようで、子どもながらに大事に扱っていたようです。

くまが主人公の絵本は他にも。。
d0234812_10472073.jpg


日本人作家の絵本も忘れてはいけませんね^^
すぐ手元にあったのはこの2冊
d0234812_1219046.jpg

心がホカホカしてくるような楽しいおはなし。。絵も素敵です♪
左のくまは実は脇役で、主人公はこちら、暗記するほど読まされた本です^^
d0234812_1222330.jpg

素敵な絵本は大人の心にも響きます♪
[PR]
by ellecoco | 2011-08-27 10:53 | book 絵本  | Trackback