袋物2点
リネンバードの既成バッグにツバメのアップリケ。
d0234812_23351986.jpg

前回のレッスンからの引き続きで完成しました。ツバメも好きなモチーフ。

そしてもう一つ、
d0234812_2335223.jpg

こちらはアトリエで昨年から引き続き流行中⁈のバッグ
100円ショップのバッグを利用したアイデア賞物です❤️
最初に作って来られた方の中原淳一生地のバッグを見て一目惚れ。
大切にしている生地でしたが、えい!とばかりにカットして不慣れなミシン作業。
ダダダで完成。簡単なんです^ ^


裏もかわいい動物柄。
d0234812_2335267.jpg


このヴィンテージ生地も昨年のレッスンの合間のお買い物休憩⁈中に見つけたもの。
以前にも思い出の!モニクさんのワークショップのモチーフの裏生地に使用。
d0234812_23352858.jpg

三匹のこぶたくんたち。
d0234812_23353284.jpg

張りがあって使いやすい生地なんです。最近やっと少しテクスチャーの事まで気が回り始めました^^;
するとますます布の世界にハマっていきそう…良し悪しですね〜
[PR]
# by ellecoco | 2015-01-25 08:56 | atelier | Trackback
赤糸の刺繍とクロスステッチと
前回の続きのステッチを3点。
まずは赤糸の刺繍。
d0234812_23445288.jpg

文字部分の芯入りサテンステッチ、昨年トンボの刺繍で習ったことを思い出しながら…
まさにうろ覚え。。
図案は抜群にかわいいです。
なんとか裏地もつけて仕上げたいと思います。

フレメのウール糸の刺繍も再開してほんの少し進めました。
d0234812_23445524.jpg


compagnie des ouvragesのABCサンプラーはイタチ夫人が登場。
d0234812_23445619.jpg

まだまだ先は長いです。

画像サイズの編集アプリを使いこなせず困っています。
スマホで見るとちょうど良いのですが、
パソコンで見てみるとびっくりする大きさ!

今回はサイズを一つ小さくしてみました。とりあえずこのまま送信。プレビュー画面をスマホで見た感じは…
画像サイズはそのままで画質が少し落ちているよう…⁇
まだ改良の余地あり。

*新しいアプリで画像を編集し直してみましたが。。

*さらにエキサイトブログアプリで編集し直し、何とか小さくなりました。
[PR]
# by ellecoco | 2015-01-21 01:59 | 刺繍/emboidery | Trackback
年が明けて
もう10日。
更新もままならずコメント欄も開けない大変身勝手なブログです。
ますます個人の備忘録の色を濃くしていて、
公開の必要も無いのでは?と懸念しつつ今しばらくこのままの形式で続けてみようと思います。
今年もよろしくお付き合い下さいませ。

年末年始に少し溜まった写真をざっとアップ。
まず一枚目はcompagnie des ouvragesの
おしゃれウサギ。
d0234812_04075.jpg

ちょっとCocoに似てるなどと思いながら刺しました。
何かにつけて似てる気がする親バカぶり⁈
そしてこちらは、多分本物のウサギの足跡。
d0234812_04310.jpg

後ろ足が横に揃って前足が縦に並んでます。真っ白な雪原の上を楽しそうに駆け回っていたのでしょうね。
想像しただけで笑顔になれます。
これはまだ年末の大雪が降る前の写真。手前の雪溜まりも目の高さよりずっと低かったのです。
d0234812_04497.jpg

晴れた日の陽射しを浴びた雪はキラキラと輝いて
ダイヤモンドやスワロフスキーも敵わないように思えます。
d0234812_0475.jpg

キラキラが写らないかと色々試し撮りしてみましたがなかなか‥
どの撮影ももちろんCocoが一緒です。
d0234812_041067.jpg

朝日が影を伸ばしています。
貴重な雪国の冬のお日さま。
d0234812_041336.jpg

下は
いつもの雪の降る日の散歩後のCoco
d0234812_094892.jpg

この雪玉をつけながら歩くCocoの姿は超〜キュート♡
本人はそれどころではないのでしょうけど。。

年が明けての刺繍は赤糸青糸2色のアウトラインステッチから。
d0234812_042242.jpg

今年もまずはJeu de Filsで手仕事始めです。

そして、今月から新たな手仕事に挑戦。とても素敵な憧れの方に教えていただけることに。。

新しい出会いが
少しでも形になってきたら、またこちらで紹介したいなと思います。


[PR]
# by ellecoco | 2015-01-10 17:23 | 刺繍/emboidery | Trackback
昨日の訂正💦



昨日、雪の季節にぴったりなウール糸の刺繍の続きを〜
と書いたばかりですが、
なんとチャートを東京に置いてきてしまってました^^オーマイガー

でも大丈夫⁈
刺しかけの物はまだまだあります。。

大雪警報が発令される中でも
ありがたいことに部屋の中は暖かい‥
d0234812_0464141.jpg

薪ストーブだけでは火力が足りず今日はだるま型のストーブも
登場です。
この形だと上にケトルを置いてお湯が沸かせるので
一石二鳥。

不要不急な外出は控えるようにとテレビが何度も
呼びかける中でも
雪国では屋根の雪下ろしや家の前の雪掘りは必須です。
冷たい身体で入る暖かい部屋と飲み物は格別♡

刺繍はLE COMPTOIR DES OUVRAGESの
Abcedaire ‥<
d0234812_0464565.jpg

キットには↑の店名が書かれています。
compagnie des ouvrages では?
この謎をご存知の方はいらっしゃいますでしょうか。。
すてきなキットには間違いないので、どうでもいいと言えばいいのですが^ ^
Cocoは何かにつけ動く揺り椅子が気になってしょうがない様子。
庭に出れなくなってお散歩だけが楽しみなのです。
d0234812_046488.jpg




[PR]
# by ellecoco | 2014-12-17 14:20 | elleとcoco | Trackback
noelの課題
12月に開催されるJeu de Filsの作品展、
アトリエメンバーの必須(?)課題はボタンシート。
私の日常生活の過ごし方にとっては、異常事態に立て込んだレッスンの数々も
何とかひと段落して、気ままに仕上げてみました。
d0234812_22480812.jpg
裏に使用した生地の上にのせて。。
ボタンはNOELなのに無理やりさくらんぼを合わせてしまいました^^;
自家製くるみボタン。完成度がいまいちか・・

糸の指定は、赤と白。
で、もう一つは白を基本に。
d0234812_22514139.jpg
ボタンは貝ボタンの星☆を選択。

久しぶりのアウトラインステッチは楽しくて♡
3つ目4つ目と続けたい気持ちがムクムク湧くも
テーブルに積まれた刺しかけのものがちらちら目に留まり、
2つで終了。
この後アトリエでオーナメントにできるよう穴を開けて、ひもを通し完成です。

今年は、昨年好評だった裁縫箱が未提出だった方々を中心にさらにバージョンアップされて
飾られるとか。そちらもすごく楽しみです♡






[PR]
# by ellecoco | 2014-11-15 23:13 | 刺繍/emboidery | Trackback
刺しゅう楽しく続けています☆
先日芝浦ハウスで開催されたJeu de Filsの茶話会にも午後少し遅れての参加が叶いました。
持ちよられた数々の力作に終始感嘆のタメイキ。。
そしてかわいいキットたち♡
ストックの消化もままならないのに、あまりのかわいらしさにまた一つ二つ。。
Jeu de FilsのFacebookにもいくつかupされていましたね。


まずは茶話会でいただいたNoelの作品展のご案内から。
d0234812_16493396.jpg
今年は、12月7日8日9日の三日間開催されるそうです。
時間は、10時から17時まで。ただし初日は20時まで、とあります。
場所は、SHIBAURA HOUSE
詳しくはJeu de FilsのHPやFBをごらんください。

毎年楽しみなイベントです♪
案内用のハガキも毎年趣向を凝らしてあって、今年のもまたすてきです♡


そして、この2週間は新たに素晴らしい刺繍の世界に触れることができました。
最初に書いた茶話会でも午前の時間に行われたワークショップにもいらしていた
フランスの刺繍家Jocelyne先生。
私は代官山のアードフィルでの講座に参加させていただきました。
イレギュラーなレッスンであたふたし通しでしたが、
とても勉強になった3日間でした。

peinture à l'aiguille針で描く絵画と訳せばいいのでしょうか。
糸がこれほど輝くなんて・・
見本に見せていただいた作品も完成された美しさには圧倒されました。

お手本との違いに落胆させられながらも何とかここまで刺し進めています。
d0234812_23113242.jpg
Jocelyne先生の本と一緒に。

ご自分がこれまで積み上げてこられた技術と手法を次の世代に手渡したいと
惜しげもなく教示してくださいます。
日本に居ながらにしてこんな素敵な機会に恵まれたことに感謝します。
今後も定期的に来日することも可能だとおっしゃっていただきました。
次回のレッスンも叶うことなら受けてみたい!
願いがかないますように☆


さて、そんなこんなで滞ってしまっていたブログの更新^^;

その間に未完成のまま放っておいた作品がいくつか仕上がっています。

アヒルの小箱。
d0234812_23313197.jpg
蓋だけ作り終わっていましたっけ。
底の部分も貼り終え完成です。
d0234812_23325834.jpg
わかりにくいのですが、底の外側の生成りの布、
テクスチャーが何とも良い具合なんです。
さすが亜紀先生チョイスです。

前回ひと月ほど前のブログにのせた
バゲットを抱えた少女の刺しゅうは、予定通り来年のスケジュール帳に仕上がりました。
d0234812_23401822.jpg
今年の手帳ともう少しで新旧交代です。
d0234812_23412313.jpg
今年のスケジュール帳はブックカバー型にしてあります。
d0234812_23433926.jpg
中のノートを外すとこんな風。
d0234812_23443616.jpg
裏には365の赤糸の文字が。
d0234812_23461949.jpg
お気に入りがまた一つ♪

お気に入りと言えば、
昨年のノエルの作品展用に作ったピンクッションがご帰宅です。
アトリエの生徒作品みんなと記念撮影を終えて・・
d0234812_23511691.jpg
一つ一つ違っていて、ゆっくりじっくり眺めて楽しめました。
次回のノエル課題の参考にもなったり^^

さらに・・
今回のアードフィルでのWSを前に、
3月に受けた白糸刺繍の課題を今頃完成させました;;;
こちらの講座もM.O.Fの称号をお持ちのMartine先生が来日された折に
おなじくアードフィルにてレッスンを受けさせていただいていたのでした。

写真の下に敷いてある作りかけのトンボがレッスンで教えていただいたもの。
作りかけのままにしておけば、工程が一目で確認できるだろうとそのままに。
そのまま・・が、本当にそのままになってしまっていました。
先生に顔向けできませんね///(恥)

今回またすばらしいレッスンを受けられることになり、
一念発起でもう一度チャレンジできました。

d0234812_00123685.jpg
お見苦しいところも多々ありますが(汗)、私にとってはどちらも大切な宝ものです。


ふう、
そんな感じで
刺しゅうの世界にますます引き込まれています。







[PR]
# by ellecoco | 2014-11-08 00:48 | 刺繍/emboidery | Trackback
秋バラの季節に
念願のバラの葉の額装が完成です。
d0234812_14315105.jpg
東京の玄関に飾りたいと思います。

バラの葉のモチーフはJeu de Filsのワークショップで教えていただいたもの。
3枚目です^^


Les beaux jours arrivent.
すてきな日々がやってくる

フランス語のフレーズは、こちらの本から。
d0234812_14375939.jpg
「素敵なフランス語のフレーズ365」編者はフジタ花梨さんです。

笑顔になれるフレーズが溢れています。

我が家でも出かける家人を玄関先で励ましてくれることでしょう。

励まされた言葉と言えば・・
先週最終回が放映され終わってしまった「花子とアン」。
その中の卒業式のブラックバーン校長の言葉。

the best things are never in the past, but in the future
I hope that you pursue life, and hold onto your hope and dream until the very end of the journey

若い女子学生に向けられた言葉ではありますが、
すでにthe end of the journeyが見え隠れする年齢になったわが身にも染みる言葉でありました*^^*



さて、そんな夢見る乙女な気分で刺した作品を一つ。
d0234812_15130960.jpg
図案はこちらから。
d0234812_15141493.jpg

図案集「こどもの時間」には、まだまだ刺したい図案が♡♡

ミルクとバゲットを抱えた少女は
来年のスケジュール帳になる予定です。



[PR]
# by ellecoco | 2014-10-02 15:27 | 刺繍/emboidery | Trackback
約2か月ぶりのアトリエレッスン
久しぶりのアトリエ♪
フランスのお土産話もたのしく、あらためてレッスンに通える幸せを感じられた一日でした。

レッスンの中身は、相変わらずのベスコフのリース。
d0234812_00513882.jpg
もうあと3分の1かな。
ここにきて今年のクリスマスを意識し始めて、急にスピードアップ。
ゆっくり時間をかけた分愛着もひとしお。
記念の一枚になりそうです。

まだ何に仕上げるかも決まっていないのですけど。。

お世話が行き届かない中、庭の花たちは健気に咲いてくれています。
d0234812_01024972.jpg
ブルーベリーの黒い実はずいぶん鳥たちに食べられてしまったよう。

陽のひかりもすっかり秋模様。
d0234812_01091968.jpg
Cocoもひなたぼっこがお好きなよう^^
秋っていいね♡
d0234812_01120780.jpg


[PR]
# by ellecoco | 2014-09-24 01:14 | atelier | Trackback
9月も半ばに・・
月日の流れる速度が速くついて行けない今日この頃。。
話題のニュースにも乗り遅れている感が;;;

それでも、スーパームーンは見れました。
d0234812_1895472.jpg
d0234812_18102235.jpg

スマホ撮影でかなり小さいスーパームーンですが。。

大すきな刺繍をする手も滞りがち。

以前自分で図案を起こして刺したことのあるミニシュナくん。
なぜか男の子のイメージ・・
2本取りで刺したため、モコモコすぎていましたっけ・・
で、再チャレンジ。

d0234812_18211381.jpg

ミニミニ巾着に仕上げました。
中には、
帰省の際出かけた熊本県の山鹿で見つけた楊枝入れを。
d0234812_18252269.jpg

ちりめんの色合いに一目ぼれ。
楊枝・・使わないのですけど。。

内側の生地はJeudeFilsのキットのもの。
d0234812_1826518.jpg

犬を刺した青糸も生地に合わせてキットになっていました。
生地との組み合わせがドキドキするくらいすてきだと思って購入しました。

d0234812_18315496.jpg

犬の首周りのもやもやはスカーフ。。のつもり。
こちらの色は、悩んでチョイス。

裏のリボンも同じブルーで。
d0234812_1835227.jpg

リボンが巻かれているのは、羊?ではなく、
ボーン・骨です。

そうそう、大物作品も亀の歩みで進んでいます。
d0234812_18394058.jpg

Compagnie des Ouvrages 「おおかみときつね」

枠をすべて刺し終えて、5幕目のクロスステッチが完了。
バックステッチに移ったところです。

あともう一息?
いえいえ、完成はまだまだ先になりそうです;;;

最後に本物のミニシュナを。
d0234812_18492518.jpg

こちらはこう見えても女の子!
[PR]
# by ellecoco | 2014-09-12 18:50 | 刺繍/emboidery | Trackback
帰省先にて
今回母へのお土産にしたミニサイズのポーチ。
d0234812_2328798.jpg

d0234812_23282960.jpg

数年前のクリスマスに母と妹へ送った2点のステッチ作品と一緒に。。

まず、ポーチはJeu de Filsのキットのもの。
内側のプリント生地は変えてあります。

ちいさな花柄ながら赤と緑がピリッと効いて粋な感じ。
母も喜んでくれました。

まだ額装のやり方もわからぬままに仕上げたクリスマス用の作品2点は、
赤糸1色の方がヤマナシヘムスロイドの「スウェーデンのクロスステッチ クリスマス・タペストリー」から。
フレメの花糸を一目1本刺しで麻布にクロスステッチではなくプチポアンで。

もう一点はHAANDARBEJDETS FREMMEのキット、作家は Edith Hansenさんです。

ステッチの拙さもさることながら額装のあまりの雑さに持ち帰ってしまいたくなりましたが^^;
大事にしてくれている様子。。ありがたい。。

我が子のような手作りの品。
再会した時に気恥ずかしい思いをしなくて済むようにまた日々励みましょう^^


今回の帰省は数年ぶりだったこともあり、日程のほとんどを家族だけで過ごしました。
もちろんCocoもいっしょです。
d0234812_2222770.jpg

Cocoちゃん、この日一番のお気に入りスポットはこんな場所!
d0234812_2285190.jpg

良い風が吹いて。。

d0234812_2435645.jpg

うつくしい山並みのミルクロードのドライブでは、めずらしいブロッケン現象にも遭遇♪
木立がおとぎ話の影絵のように遠くの霧の靄の中に浮かび上がって見えていました。
写真に写せなかったのが残念。

日本の夏を堪能できたお盆の数日間でした。

おまけ・・
d0234812_2511053.jpg

ニヒルな笑顔のCoco
[PR]
# by ellecoco | 2014-08-27 00:49 | 刺繍/emboidery | Trackback