<   2013年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧
はじめまして、cocoです。
d0234812_17505754.jpg

我が家に新しい家族が増えました♪
名前はcocoです。
elleの小さいころにそっくり。大事に育てていきたいと思います。

1月生まれで、まだ2か月の赤ちゃんです。
本当に小さくて、でもやんちゃで、写真なんてなかなか撮らせてくれません^^
起きてる時のは、ぶれた写真ばかり増えています;;;

眠ったところを・・
d0234812_17592864.jpg

そおっと・・カシャ
作りたてのポーチにすっぽり入ってしまいそう。

お気に入りのHUNTER wildlifeのウサギのぬいぐるみとも同じくらいの大きさ。。
d0234812_1844691.jpg

このウサギ、目がクールでcocoに噛まれていても痛々しく見えないのがいいです^^
犬用なのでかなりしっかりした作り。

上から見るとどちらが前か後ろかわからない感じもelleと同じ。
d0234812_1812492.jpg

久しぶりの子育てモードに、手仕事とブログ更新の手がすっかり止まってしまっています。

トイレトレーニング、甘噛みのしつけ、フード選び・・すっかり忘れてしまっていました!もう一度一から勉強やり直しです。やれやれ
[PR]
by ellecoco | 2013-03-16 18:23 | elleとcoco | Trackback
atelier leçon☆イースターフラワー
d0234812_829744.jpg

今回のレッスンは何も準備せずに出かけて、いつもどおり会話の弾む中
アトリエ保管の図案集をパラパラ。。
春らしいブーケの図案に一目ぼれ。
まずは、習ったことのある忘れな草から刺しはじめました。
図案を決めるとたちまち先生が美しい色の刺繍糸を次々に選んでくださって・・
ムスカリの紫や水仙の黄のグラデーション♥♥春です。

さらにこの図案にはリボンや羽のモチーフも・・どんな色の刺繍糸を選んでいただけるでしょう。

ムスカリはフレンチノットで、という指示をいただいただけで帰ってきたので
色の置き方やステッチの大きさなどいいかげんです。
とりあえず色をのせてみたくて刺しました。
次回のレッスンで刺し直す予定です。

さて、毎回恒例のアトリエパニエからのお持ち帰りキット^^も
今回は速攻で刺し終えてしまいました。
d0234812_8471216.jpg

先月のリネンバードのWS用のキットと同じものかな。
見本になっていたうさぎの図案や首輪のボタンがかわいらしい犬のおもちゃの図案も一緒についていました♪
こちらはこげ茶の麻布に合わせてクマのモチーフを。
リボンとボールに持ち合わせのピンクを加えてみました。
このくまもいつか刺してみたかったので、刺繍の間ずっと笑顔だった気がします^^

久々のアウトラインステッチ、なかなかきれいに刺せなかったけどたのしかった♪

このキットに魅かれたもう一つの理由は内布。
日本製なのだそうですが、リバティーの風合い。
やさしい色とちいさな花模様がとてもいい感じです。

この柄の入ったキットになぜか魅かれて、
それぞれキットに合わせて大きさの違う布が3種3枚集まりました。
d0234812_9102070.jpg

朝の光で色が飛んでしまいましたね^^;
[PR]
by ellecoco | 2013-03-09 09:15 | 刺繍/emboidery | Trackback
Là bas chante la forêt 森のうた そして新たにフレメも
とうとうすべてのモチーフを刺し終えてしまいました。
できたてほやほやのしわしわです^^
d0234812_9165897.jpg

春なのに秋の森。
とんちんかんが私らしい。。
額装してもう少ししわしわが無くなったら、モチーフに少し近づいて撮影したものをUPできるかと思います。
特注サイズになりそうなので、額装もすぐにはできなそう。
でも秋には間に合いそうかな。。

また新しい作品に手を出してしまいました(懲りもせず^^;)。
フレメのサンプラーを刺しはじめています。
d0234812_9292515.jpg

Haandarbejdets Fremme SAMPLER「SILVER WEDDING」
DESIGN:Ida winckler/ Edith Hansen
以前紹介したことがある古い雑誌の切り抜きの銀婚式のお祝いのためのチャート。
6月の完成目指しています。無理か??

上にのせた小さな兵隊のピンクッションとシザーキーパーは、このサンプラーの兵隊から。
微妙にステッチを調整して子どもっぽい兵隊サンなっています。
[PR]
by ellecoco | 2013-03-02 09:52 | 刺繍/emboidery | Trackback