<   2012年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧
atelier leçon☆ Là bas chante la forêt 7
レッスンで習ってきた新しいモチーフ
デイジー、ひなぎく?ヒメジオン?です^^
d0234812_12234492.jpg

このステッチも嵌ります^^
ゆっくり、ゆっくり、、でもきれいな花を咲かせるのはむずかしい・・
難しいと言えば、いっしょに写した紫陽花のドライフラワー。
クシュクシュにならずに、庭に咲いたままの姿でドライ化させるのも
コツがいるようです。
↑の紫陽花はクシュクシュしてます。それでも色がかわいいので捨てれませんでした。
色も上側の目立つ部分は褪せてしまっていて、下側の目立たない部分がきれいな発色のまま残ります。

その点、アナベルは簡単です。
カットする時期さえ間違わなければ、きれいなグリーンのまましゃんとした花弁でドライになってくれます。

レッスンでは、もう一つ“森のうた”も
かわいいふくろうのステッチを教えていただきました。
d0234812_12372370.jpg

ちいさい♪ だいすき♥
最近は、ちいさいもの、ちいさいものへと気持ちが向かいます。

ちょうど、デイジーのステッチと同じような形。
でも!刺し方が違うんです。
刺繍の面白さをまた体験できました♪

アトリエではもう冬のノエルの作品作りの話もちらほら。。
来月のレッスンの頃は、少しは暑さも和らいでいるでしょうか。
[PR]
by ellecoco | 2012-08-24 12:53 | 刺繍/emboidery | Trackback
Compagnie des OuvragesxxxDes Histoires A Broder
今月に入ってブログの更新もままならなかった時期に少しずつ進めていたクロスステッチ2品。
まずは、
d0234812_1992857.jpg

Des Histoires A Broderの"Mon petit repertoire"
ちいさなアドレス帳になる予定です。
昨年の11月のブログにも登場した、パリのスヴニール。
一年経とうとしている今頃になってやっと着手しました。
少し刺し間違えて、ごまかしている部分あり^^;

クロスステッチと言えば、"おおかみときつね"
4つ目のお話は、 le corbeau et le renard  カラスとキツネです。
カラスが姿を現しました。
d0234812_19422927.jpg

この作品の中のオオカミとキツネ、よく似ています^^
でもよく見ると、キツネは少しユーモラスで、オオカミは姿勢が良く凛々しい気がします。
下に敷いた生地に描かれたオオカミも姿が良くて、赤ずきんのかわいらしさを邪魔しません。
大切にしている古い生地。
大切な生地は作品にするのにも勇気がいるので、困ってしまいます。
d0234812_19501338.jpg


実は、Là bas chante la forêtの中にもオオカミがちゃんと鎮座しているんです。
葉と葉の間。。
d0234812_19554138.jpg

この作品のかなり重要なポイントになりそう。
いろいろなオオカミを参考に、ゆっくり丁寧に、ハンサムなオオカミを目指したいと思います^^
まだまだ、先のことですが・・
今日はなんだかオオカミ日和??
[PR]
by ellecoco | 2012-08-21 20:09 | 刺繍/emboidery | Trackback
Là bas chante la forêt 森のうた6
d0234812_15114214.jpg

森の仲間にきのこが2種増えました。
暗い森に灯ったランプのように明るく輝いて見えます。
d0234812_15121338.jpg

どのモチーフも刺している最中はとても不安なのですが、刺し終るとそれなりに仕上がります^^
もともとのデザインと配色が秀逸なのだと思います。
きのこのステッチ、本当は柄の部分のみが宿題だったのですが、
あまりに楽しくてつい最後まで・・
黄色のきのこはアンズタケ(Les girolles)。
ネットで検索してしばらく画像とにらめっこして刺しました。
難しく、それゆえたのしい・・
刺しゅうの楽しさを満喫したこの2日間でした。

また東京に来ています。
今回は庭から生花を持ってくるには暑さが厳しすぎるので、
ドライにしたあじさいを。。
d0234812_1530114.jpg

前回持参した花束のドライにしたものと一緒に飾ってみました。

さて、今週は待ちに待ったアトリエレッスンがあります。
教えていただきたいことがたくさんありすぎて、絞り込むのが大変です^^
[PR]
by ellecoco | 2012-08-19 15:43 | 刺繍/emboidery | Trackback
久しぶりの工作タイム♪2
いただきものの和菓子の箱をそのまま利用して簡単カルトナージュに挑戦してみました。
d0234812_1611495.jpg

蓋の表にはオルネで一目惚れしたセネガル製(IMPRIME AU SENEGAL)の生地。
インパクトが強すぎないよう少しデコってみました。

もともとしっかりとした箱なので、蓋も土台の箱も布でくるんでしまうと
蓋の開け閉めがキツキツになってしまいます。
蓋の貼り方だけ少し工夫しました。
蓋の側面の下側には布の耳の部分がくるようにして、さらにレースを上から貼っています。

側面と裏に張った布は、母からの定期便の中から。
少し古い日本製のコットンです。
d0234812_16551328.jpg

ボーダーの中の小花やリボンの感じはなかなか・・^^

中には
d0234812_16442691.jpg

レースをしまうことに。
開けるたびににっこりしてしまう、そんな箱がまた一つ増えました♪
[PR]
by ellecoco | 2012-08-14 17:00 | cartonnage | Trackback
久しぶりの工作タイム♪
未使用の古い日記帳を、布でくるんで化粧直し。
d0234812_9234923.jpg

たのしい♪♪
布とレースやラベルやテープの組み合わせを考えるのは心躍ります。

表紙を開けると、
d0234812_9283595.jpg

お気に入りの赤ずきんのモチーフ。
大切にしているアンティークの生地をコピーして貼りました。
コピー用紙の図柄だと心置きなく切り取れます^^
裏も
d0234812_1049237.jpg


アンティークやヴィンテージの生地は、そうそう手に入れることができないので
古いファブリックを扱った本を見て満足してみたり・・
d0234812_9374144.jpg

下に置いた大型の本は以前にも紹介したToile De Jouyの英語版。
小型のピエ・ブックスの本は、『フランスのアンティーク ファブリック』です。
有名な作家さんたちの作品群の中で目にしたことのあるような
うつくしい、かわいらしい生地たちがたくさん掲載されています。
時々手にしては、目の保養をさせてもらっています^^

d0234812_946598.jpg

蚤の市の店先に広げられた古いファブリックにtoile de jouyの見本帳♥
見ているだけでテンションが上がります。

『フランスのアンティーク ファブリック』と同じ製本サイズで
d0234812_9544235.jpg

こちらは、『北欧のカップ&ソーサー』
個性の強い北欧のデザイン。すっきりと洗練されたデザインは憧れです。
同じ出版社のものだと思っていましたが、こちらはYU MOOk。
堀井和子さんの書籍でもおなじみの北欧製の作品の一端を手にした気分。
Lindbergリンドベリのデザインは普遍的!



下に敷いた布は現行のドイツファブリックですが、
d0234812_10152475.jpg

色違いの布が本の中にもありました。
北欧製の布に合わせたテーブルセッティングも魅力的です。



久しぶりのブログのup。
elleの近況^^も・・
d0234812_1027051.jpg

暑さにも負けず元気にゴロゴロ、ムシャムシャ、ニコニコ(?)やっています^^
お盆を前にやっと夏カット。
近所の公園に住み着いてしまったうさぎには、いまだ気づかず^^;
1.2mの距離まで近づけているのになぁ・・
d0234812_10441197.jpg

[PR]
by ellecoco | 2012-08-13 10:47 | cartonnage | Trackback