<   2011年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧
訂正してお詫びいたします
昨日の画像から
↑の記事のしゃがんだおんなのこの絵はルノワールではありませんでした。
油絵用の資料を久しぶりに見直していて気づきました。お恥ずかしい///
よくよく思い返してみると、ルノワールの模写用の絵を探していて、
『草原の坂道』と照らし合わせるように並べてあった絵がこの絵だったのでした。
作者は、
d0234812_1844395.jpg

メアリー・カサット(Mary Stevenson Cassatt)。
アメリカを代表する印象派の女流画家。
手元の資料にはもう2枚同じ画家のお気に入りの絵がファイルされていました。
d0234812_18532550.jpg

d0234812_185452.jpg

やはり、子どもが描かれています。
勝手にルノワールなんて書いてしまって恥ずかしい。。ごめんなさい。
[PR]
by ellecoco | 2011-07-30 19:00 | Trackback
あじさいの季節3
昨日のあじさいの色を自然光で見ると、
d0234812_12555276.jpg

緑が強く出て和風っぽさがないんです。これも環境異変?!
[PR]
by ellecoco | 2011-07-30 13:00 | Trackback
今年のあじさいは・・
d0234812_22584387.jpg

照明の加減で色が分かりにくいのですが、左のあじさいはごく一般的な品種で例年ブルーやピンクやパープル
の色にかわります。そのあとは、枯色に朽ちてしまうだけでした。
それが今年は全体的にブルーになったあと、今はグリーン味を帯びてシックな色調になっています。
上手にドライフラワーに仕上げられたみたいに。
気温があまり上がらないのが功を奏したたのかもしれません。
そのかわり、毎年元気すぎるくらいの黄色いブットレアがしょんぼりして見えます。
一緒に写っているフレメのブラックカラント。
d0234812_2322576.jpg

これは定番の『Gerda BengtssonDANISH Floral Charted Designs
に掲載されています。
amazonではこのお値段!良心的価格です。小さなかわいらしい草花のチャートがたくさん!カラー見本は表紙のみですが、DMCの糸番号も添えられていたり、シリーズ化して欲しいものです。私はパターンを5つ並べました。キットだと、7つ?
地味な配色なのですが、出来上がるとやはり華やか。Gerda magic♪
[PR]
by ellecoco | 2011-07-29 23:50 | Trackback
PC修理の間に
d0234812_1521785.jpg

ブログに割いていた時間に余裕ができたので、未完成のクロスステッチを少し進められるかと思っていましたが、
結局14人の子どものうち、たった一人と二人目の服のみ。
調子の悪かったPCは、直接安心サポートに連絡したのが良かったのか、4日ほどで戻ってきました。
それでも、あと3人。何とかこのチャートは完成させられそうです。ホッ
刺繍の後ろに立てた図案集は、『100enfants』!!
d0234812_1534589.jpg

100人もの子どもたちのチャートが載っています。表情やしぐさがとっても豊かでかわいらしいと思います。
でも100人。。完成させた方のサイトも見たことがありますが、
生地や刺繍糸の色もさまざま工夫されていて興味深く拝見させていただきました。
完成見本はこんな感じです。
d0234812_1536949.jpg

このところ甘々な画像が多いです。何だかそんな気分?!

そういえば、fremmeのカタログにも甘~いのが1冊ありました。
d0234812_1541398.jpg

カタログ№3です。
これは、私にとっては痛い思い出^^;中身も勝手に想像して購入したのですが、
カタログというより、リーフレット。
裏表表紙も入れて8ページで、表紙の放つ魅力は内容に反映されていませんでした。
でも、この象に馬(?)なぜか心惹かれてしまいます^^
[PR]
by ellecoco | 2011-07-28 15:51 | 刺繍/emboidery | Trackback
昨日の画像から
d0234812_12383960.jpg

しゃがんだ姿で思い出しました。
タイトルは忘れましたが、ルノワールの模写です。

ルノワールは何度か美術館で実物を見ました。
でもイイ!と思ったのは比較的最近のこと。
といっても10年も前!ですが、日本で開催されたパリ・オランジュリー美術館展でだったかと思います。

オランジュリー美術館はパリでも訪ねましたが、モネの睡蓮のイメージが強く、
ルノワールの記憶が全くありませんでした。
でも日本の美術館展で見たルノワールの色彩の華やかさには圧倒されました。

早速油絵の道具を広げて、お気に入りのイーゼルを立てて、
d0234812_11401467.jpg

このイーゼルにはJULIANという名前があるんです^^かわいい
d0234812_11431775.jpg

でも最初に模写したのは、なぜかセザンヌ。
d0234812_1146213.jpg

油絵のこんな色の重なりが好きです。ぐちゃぐちゃに色が混じり合ったパレットなんて最高です。
d0234812_11564055.jpg


育児中の生活に油絵は少し重たい趣味でした。
「ちょっとまっててね」を何度子どもに言ったことか・・ごめんね
6,7枚描いた時点で降参しました。手荒れがひどくなったのも手伝って・・

またあの時のように、いつか無性に描きたくなる時があるかもしれません。
その時までJULIANはちいさく折りたたまれているか、
こうして家具のように飾り棚のように利用されているか。。

当然、描ききった上のルノワールの模写は見ての通りまったく輝いてはくれませんでした^^;ちゃんちゃん♪
[PR]
by ellecoco | 2011-07-23 09:41 | Trackback(1)
PC やはり修理に
今日もPCがダウンしました。
さすがに明日修理に出すことにします。トホホ

今日は朝から涼しくて、蝉の声も優しく感じられる一日でした。
早朝から3時間ほど庭の草取りをして、elleの散歩道を確保してあげました。
目が見えていた頃は子どもと狭い木々の間を追いかけっこしていました。
今はリードがないと走れませんが、庭の中だと安心して一人散歩(?)しています。
d0234812_18165993.jpg


〝花よりelleちゃん”なので、庭はほぼ緑色になりました。おかげで手入れは草取りくらいで済みます^^
今日の庭からの収穫。
d0234812_1823763.jpg

[PR]
by ellecoco | 2011-07-22 16:49 | Trackback
まだまだ未完成の作品が・・
d0234812_1355529.jpg

この〝la perdrix ヤマウズラ”はPERRETTTE SAMOUILOFFさんのデザインのものです。
リネンバンドに刺繍します。
両脇にリスl'écureuilとウサギle lapinのチャートを入れてサンプラーのようになります。
木の実や花の色がかわいいチャートです。が、やはり1over1に苦戦してます。。

完成した後の用途が決まらないことも手が進まない理由のひとつです。う~ん。
額装するだけじゃつまらないような・・

サモイロフさんのデザインでも、いくつか気になっているものがありますが、その中でも一番のお気に入りは
こちら。
d0234812_1331313.jpg

おんなの子、おもちゃ、お人形、こんな甘~いデザインに魅かれてしまう・・お年頃なのでしょうか^^;
チャートはSophie Delaborde&Sylvie Castellano共著の『CARTONNAGE BRODE』に掲載されています。
d0234812_17262616.jpg

本では、カルトナージュでかわいらしい裁縫箱に仕立ててありました。
その生地がまたキュート♡なんです。アンティークなんでしょうか。
[PR]
by ellecoco | 2011-07-21 13:57 | 刺繍/emboidery | Trackback
初めての刺しゅう&カルトナージュのワークショップ
2度の参加でこちらの作品を完成させたのが今年の冬のこと。
d0234812_1591134.jpg

図案も生地も3、4種類ほどの中から選べてフレームも生地に合わせて選択できて、
すごーく悩んでこのパターンになりました。

この時の楽しさが忘れられなくて、もう1度、もう1度と続いています。
先日のブログで紹介した企画展の会場が、その最初に参加したワークショップの場所でもあります。
西武池袋店内のart-bookshop。
アトリエのレッスンにちょうど空きがあるとお聞きしてそちらに参加させていただくことになり、伺う機会も減りましたが思い出の場所です。

今月もこちらのワークショップではかわいいサクランボのこもの入れのレッスンが行われたようです。
さくらんぼはロング&ショートステッチ。
今私が作っているエコバッグにもこのロング&ショートステッチの箇所があって苦戦しました!
d0234812_1584844.jpg

また次の課題が増えました。
[PR]
by ellecoco | 2011-07-20 13:33 | cartonnage | Trackback
mads stageのデザイン
d0234812_11362963.jpg

Haandarbejdets Fremme
Design:mads stageキット№17-6607

水彩画でも有名な方のようですが、fremmeのデザインでは、
1993年のカレンダーでその名前を知りました。
d0234812_13245399.jpg

果物や花など静物画のチャートもかわいいです。
色違いで黄色い果実の方は、カタログ№15のおまけチャートとしても掲載されていました。
いちばん上の画像より色あいはずっと明るくてきれいです。
d0234812_13384351.jpg

右がカタログ№15で、現行のカタログ(といってもまた新しいカタログに代わるようですが)は№16。
fremmeのカレンダーやカタログはオークションではお値段が高騰していて、
刺繍を楽しみたいのであれば、結局キットで買った方がお得なような気がしています。
一時収集癖がムズムズと湧いていろいろ集めてしまいました;反省
左は’93年カレンダーの11月のデザインです。このこまどり(?)はぜひ刺してみたいと思っています。
中央のキットのカラー見本はすべてmads stageのデザインです。
購入したベルプルは、
Haandarbejdets Fremme
キット№11-6608
幅が10㎝長さが90㎝の細長いもので、柊などの赤い実がかわいいクリスマスにぴったりのデザインです。
[PR]
by ellecoco | 2011-07-18 11:37 | fremme | Trackback
カルトナージュはたのしい♪
完成しました♪
d0234812_20561635.jpg

週末のアトリエレッスンで何とか形になりました。
この小物入れは、カルトナージュといってもキットになっているものなので、
いちばんたいへんなボール紙のカットはしていません。
こちら のキットを使わせていただきました。
布はアンティークの手持ちの生地です。
布合わせも楽しい作業のひとつです。

1か月に1,2度の貴重なレッスンなので短い時間の中でたくさんのことを学ぼうと欲張りすぎてしまいます^^;
もう少しゆとりを持ってレッスンに臨みたいと毎回反省です。

今回は、
jeu de filsラボの皆様の企画展の案内をいただきました。
d0234812_22165864.jpg

すてきなpostcardの裏を見ると、
d0234812_22183866.jpg

なんだかワクワクしてしまう企画です。
何とか時間をつくって伺いたいと思っています。
楽しみです♪皆様もぜひ!
[PR]
by ellecoco | 2011-07-17 20:57 | cartonnage | Trackback