<   2011年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧
カルトナージュがたのしい♪
出来たてほやほやのオーバルの小箱です。
d0234812_1024122.jpg

蓋もしっかり閉まります(なにせ初心者なのでハラハラの箇所がおおくて;)
以前カルトナージュは本を見ながら作っても見ましたが、
レッスンを受けると文章の行間部分というかうまく文章で表現できない部分まで教えていただける気がします。

シワが~とか切りすぎた~なんて声にもふふふん♪
先生の魔法の手でなおしていただけるんですが、その際のひと言が合点!なんです。
蓋の周りに少し隙間があったのですが、レースなどで修正可能ですよ、とお聞きして
家に帰って自分なりに工夫してみました。

開けると、

d0234812_1046642.jpg

オーバルの形が好きなので、
もう2つは作ってみようと思っています。精進精進♪


箱にそっと置いたバラはまたヘリテージ。
まだこの暑さの中でも元気につぼみをつけてくれています。丈夫なバラ❀
d0234812_10532919.jpg

横の小さいのはクレマチスで、つぼみが切り花にされた後も何とか花びらを開いた姿です。
こういう華奢なものにあるつよさは魅力的。
[PR]
by ellecoco | 2011-06-30 11:09 | cartonnage | Trackback
グルーミング帰り
d0234812_2347738.jpg

昨日グルーミングをしてもらって、すっきりしたところを1枚!と思ったのですが、
大嫌いなカットや爪切りに少しふてくされ気味のelle。

こういう日もあります。でもお散歩に行けばまたもとどおり元気に・・
d0234812_2355286.jpg

[PR]
by ellecoco | 2011-06-29 23:56 | elleとcoco | Trackback
小さな小さなチャート
d0234812_938346.jpg

この兵隊さんのチャート。1over1のクロスステッチで無理無理に刺しています^^

こちらのチャートは、№30-6552と同じものですが、手持ちの物は古い雑誌の切り抜きを保管していたものです。
d0234812_1012567.jpg

ほとんど同じデザインで『デンマークのクロスステッチ四季のくらしと窓辺の花』や上の画像にもあるベルプル№11-6436などにも登場しています。
こちらはテントステッチで刺すため微妙に図案が違うんです。

サンプラーの方はどうやらデンマークの皇室の銀婚式のためのチャートのようですが、
こんなかわいらしい図案でお祝いできるようなふたりでいたいものです^^

裏は、
d0234812_10172294.jpg

国旗のデザインも好きです♪
[PR]
by ellecoco | 2011-06-28 10:21 | fremme | Trackback
boutis
ブティはパッチワークの雑誌でよく見かけるのですが、私的には刺繍のくくりでみてしまっています。
細かいバックステッチやブランケット(ボタンホール)ステッチが初心者にはきれいに仕上げられませんが、
一心に針を進めることで無心になれて気持ちがスッとします。

ステッチをした後コードを詰める作業がまた楽しくて続けていくつも作ったことがありました。
d0234812_1095012.jpg

ブティもごしごし手洗いしても大丈夫なので実用的です。
すべて中山久美子ジェラルツさんのデザインで、キットで購入できるものがほとんどです。

なめらかなコットンバチストやふわふわのコードの手触りが素晴らしく作業している間も幸せな気持ちになれます。
ブティのベッドカバーなんていつか作り上げてみたい憧れの作品です。

Boutisに関しては、こちらのblogがとっても参考になりました。
作品はもちろん画像の美しさもさることながら、ブティに関してのあらゆることを惜しげもなく教えて下さっています。何度訪問させていただいたことか!!

お忙しくしていらっしゃるのか、このところ更新されていないのが寂しいのですが、またブティを作るときには以前の記事を何度となく訪れることになると思います。私にとってboutisのバイブルなんです。
[PR]
by ellecoco | 2011-06-27 10:50 | boutis | Trackback
ちいさな裁縫箱とブーケのポーチ
d0234812_10414828.jpg

jeu de filsのアトリエを初めて訪ねたのは、昨年末のノエルの展示会の時です。
先生はじめ生徒さんたちの素晴らしい作品とオリジナルのキットやフランス製のクロスステッチキットが所狭しと並べられていました♪

その作品の中に、キットで購入して本をたよりに四苦八苦しながら作っている途中だった上のお裁縫箱もありました。いくつかデザイン違いのものも・・そのどれもが、またかわいくて!♪
思わず本ではわかりづらかった組み立て方のことを尋ねてしまったんですが、
先生は、こともなげに目の前でサササと作り方を見せてくださったんです。なんて親切!

何せフランス語の本です。息子のお下がりの電子辞書片手になーんとなくの理解のまま何とか完成させることができました。細かいところはかなりひどい仕上がりなんですが、とにかく実際に教えていただくことの大切さを痛感しました。

箱の下に敷いてある端切れや後方の麻布は、今教えていただいているエコバックです。
布や糸の色選びもデザインも洗練されていて一目見て作りたくなりました。
アトリエには作りたいものがあふれていて、困ってしまいます^^。

ちなみにこちらが、苦戦したソフィーさんの本です。
d0234812_1145078.jpg


ブーケのポーチもキットで購入。
こちらはキットにある作り方を見るだけで裁縫が苦手^^;な私にも作れました。
コードの色やリング等の金具もシックですてきです♪
d0234812_11262921.jpg

[PR]
by ellecoco | 2011-06-25 11:36 | 刺繍/emboidery | Trackback
レッドカラントのクッション
d0234812_1034598.jpg

いつも車の助手席に置いています。
ドライブは好きなほうなので、遠出も苦になりません。
好きな音楽とナビがあれば、知らない場所の方が楽しいくらいです。
ティッシュボックスくらいしか置いていない女性らしくないマイカーですが、
このクッションひとつで楽しい雰囲気に変わりました。

こちらは(わかりづらい画像ですが)、
d0234812_10111150.jpg

左下の書籍『ユキ・パリスコレクションより手仕事にみるヨーロッパの暮らし』
に掲載されている小ぶりのクッションをまねて作りました。
昨秋松屋銀座で開催された展覧会で実物を見てすぐに7UBの麻布を購入。
すぐりの赤い実のかわいらしさとウール糸で刺したようなあたたかさが大好きです。

書籍の上の写真は、かなり古い雑誌ミセスの切り抜きです。
この号のベングトソンの特集は気合いが入っています^^
このクッションもいつか!と思って久しいです・・

上のクッションの図案は、
d0234812_10372571.jpg

こちらの3冊にも掲載されています。
右から、『KREUZSTICH』ドイツ語です
『CONTEMPORARY DANISH CROSS-STITCH DESIGN』
『モダーン クロス・ステッチ』雄鶏社

ベングトソンさんの代表作の一つなので他にも掲載されているかもしれません。
パターンを6つ並べたデザインの大きめのクッションはキットでも販売されています。
キット№は20-2111
[PR]
by ellecoco | 2011-06-24 11:00 | fremme | Trackback
elle胸のしこり?
elleの胸の乳腺あたりに2㎝程の柔らかい脂肪の塊のようなものを見つけ、
フィラリア予防と混合ワクチン接種の受診の際に相談しました。

2週間ほど様子を見ましょうということで、今日病院へ向かう車の中で・・
心なしか不安そう。
d0234812_13264744.jpg

診断の結果、
①全身麻酔で腫瘍部分のみ摘出して病理検査
②周りの乳腺、子宮卵巣などもこの際一緒に摘出してしまう
③局所麻酔でレーザー蒸散
のいずれかの選択肢で、③を選択。

普通は②を薦めているとのこと。
今もしばらくNETで調べていました。
悪性の場合を考えれば、もちろん②なのでしょうが・・

手術は来月初旬!
心配ごとが尽きないelleちゃんです。
[PR]
by ellecoco | 2011-06-23 11:02 | elleとcoco | Trackback
あじさいの季節
放りっぱなしなっている庭ですが、手のかからないタイプの草木が多いせいか
季節を感じられるくらいには花が咲いてくれます。
朝剪定もかねて摘んだ花たち・・
d0234812_13285094.jpg

今朝の急な気温の上昇のせいかアナベルの元気がありません。
がくが小ぶりで華奢な花なのに、庭に根付くと毎年たくさん花をつけてくれます。強健です。
クリスマスローズも摘み忘れられてドライフラワーっぽくなっていました^^;
[PR]
by ellecoco | 2011-06-22 11:31 | Trackback
フレメの図案で
d0234812_1331870.jpg

左Book 『ゲルダ ベングトソン 刺繍・人生』 
右cross stitch Design:Gerda Bengtssongキット№30-5446

フレメの花糸を使ったクロスステッチのデザインはどれも素敵で、あれもこれもと目移りしてしまいます。
作品に仕上げて手元に所有する数は限られてしまうので、書籍やカレンダーやカタログを集めたりもしました。

左下は本の中のたんぽぽをパステル画にしたものです。
Gerda Bengtssongさんデザインの草花は、一花一花がかわいくて、
彼女の作品を知ってから、散歩の時に見るありふれた雑草も愛しく思えるようになりました。

初めてベングトソンさんのたんぽぽを見たとき、綿毛を白糸でステッチされているのがかわいくて
見入ってしまいました。パステル画にはその一番お気に入りのドットがうまくいれられませんでした。

本を開くと、
d0234812_13314398.jpg

この本を購入した展覧会のパンフとチケットがまだそのまま・・

掲載されているちいさなオオバコのチャートを刺したことを覚えています。
題材も色も地味なのに、明るく洗練された仕上がりになるのは、すごいです。
プレゼントにしたので手元にはありません。パステル画だけ・・
[PR]
by ellecoco | 2011-06-21 10:03 | fremme | Trackback
行動力
刺繍を習うために、車で片道3時間程の道のりもなんのその・・
そんな自分の行動力に驚いています。

大学生の息子が一人暮らしをしているので宿泊する場所には困らないのですが、
先月などは、ウィークデーのワークショップに参加したくて、日帰りを強行!
往復およそ7時間のドライブも、楽しい2時間のレッスンのためなら全く苦になりません。
その宿泊先の部屋にも、
d0234812_13592852.jpg

Haandarbejdets Fremme(現在はどう表記すべきなのでしょう?!/追記:現在もHFの表記は変わらないそうです)
Design:Gerda Bengtssong
キット№30-3477 
Book:『Counted Cross-Stitch Designs for Christ-mas』にも掲載

このフレメのクリスマスの夜の額絵は場所を選ばずどこでも馴染みます。
大好きなチャートです。
[PR]
by ellecoco | 2011-06-20 15:04 | fremme | Trackback