カテゴリ:fremme( 21 )
ジギタリス
ジキタリスもこぼれ種で増殖中です。
d0234812_2144277.jpg

Fremmeの図案。デザインはGerda Bengtsonさん。
なんて素敵にクロスステッチに図案化されているんでしょう。。

庭のジギタリスは濃いピンク色のものばかりが増えてしまいます。
一緒に植えた白やアプリコット色のものは同じ場所に植えると、
負けてしまうようです。

バラはヘリテージが1つ2つと咲き始めました。
d0234812_21575361.jpg

壁際の日陰がちな場所で優しく微笑みかけるように咲いています。
ここは軒下でもあるので、雨や雪を避けられるせいか
花数は少ないもののあまり痛みなく葉もきれいに咲いてくれます。
d0234812_2215911.jpg

クレマチスの下には、ロサ・ムンディも蕾を今にも開かんばかりです。

週末この子たちを置いて、レッスンを受けに東京へ。
Jeu de Filsとアトリエ・エクラのコラボレーションのワークショップ。
本格的なカルトナージュのレッスンでした。
前回のワークショップで仕上げたリボン刺繍を状差しに仕立てます。

圷先生の丁寧で的確な指導のおかげで何とか形になりそうです^^
本格的なカルトナージュ、不器用さが露呈してしまう世界でしたが^^;
刺しゅうに負けず劣らず楽しい作業でした♪

仕上げは来月まで持ち越しです。
画像も完成できたらUpします。
[PR]
by ellecoco | 2012-06-11 22:30 | fremme | Trackback
そろそろクリスマスに向けて
10月中旬になっても関東の方では30度を超える日があったりで、
なんとなく冬のイメージが遠いようですが、私の住む地方では朝夕の冷え込みが冬の足音を感じさせています。
あたたかいストーブや暖炉の前での針仕事が似合う季節到来です♪
クロスステッチも進みそう!どうにか刺しかけのものが一つ終わりそうなので、
また昨日からあらたに2つのチャートに取り掛かりました。
まずは、クリスマス用に、
d0234812_1134992.jpg

左のものではなく、右下の本当に刺しはじめたばかりのものがそれです。
花糸の色あいもクリスマスカラーで、気分が上がります⤴
図案は以前紹介したmads stageさんのベルプルキットから。
仕立ては、出来上がりを見てベルプルかテーブルランナーにしようと思っています。

ちなみに左の小さなベルプルは
d0234812_11244955.jpg
『Julens Korsstygn』から。

クリスマス用のチャートが満載です。
本の中ではクリスマスカードとして紹介されています。
中でもツリーは存在感があるので一つだけでも応用できそうです。
こちらの図案もすべていろいろなキットになっていたかと思います。
d0234812_11355967.jpg


もう一つ無謀にも刺しはじめたのは、
少し前に紹介したCompagnie des OuvragesのキットLe loup, le Renard 。
d0234812_1146935.jpg

これなら男性(男子?)の部屋にも違和感がないと思うので、来年の4月に向けてスタートさせました。
まあ4月はかなり無理な設定ですが、ブログにあげておくと少しはプレッシャーになって、
お蔵入りせず頑張れるかな、と思います^^
[PR]
by ellecoco | 2011-10-18 11:53 | fremme | Trackback
LITTLI IDA'S FLOWERS
d0234812_20244733.jpg

Haandarbejdets Fremme
Design:Edith Hansenキット№30-6326

何度かブログの画像にも映っている大好きな額絵。
アンデルセンの童話『小さいイーダちゃんの花』がタイトルとして付けられています。
Gerdaさんの野の花とはまた違った色使いとデザインのかわいい花が魅力的なチャートです。
ちいさな草花が一つずつ増えていくのにワクワクしました。
d0234812_2035770.jpg

金色のお城も女の子心を擽ります。
d0234812_20374092.jpg

近くで見るお城はあまりに薄っぺらでした^^;
夢は遠くで見るもの?!
[PR]
by ellecoco | 2011-09-05 20:48 | fremme | Trackback
『MINIATURE』から果実酒 4
やっと3つ目のチャートを刺し終わりました!
d0234812_15192231.jpg

以前作った折り畳み式の小物入れに仕上げる予定です。
4面分のステッチが必要なのですが、4枚目はすごく悩んで左下のような試し刺し風なデザインに・・
手抜き?^^;
合わせる布はメキシカンなピンクのポップな柄に。
この布はアトリエのsaleでお安く分けていただけました。
現行の布でもいろいろすてきなものがありますが、膨大な量の中自分で探し出す時間がありません。。
jeudefilsのおすすめの布はどれもハッとするものばかり♥
審美眼という言葉がぴったり。。

さて、明日は一人で楽しいカルトナージュ♪
でも作り方忘れていないかな?!
[PR]
by ellecoco | 2011-08-24 15:40 | fremme | Trackback
『MINIATURE』から果実酒 3
3つ目のチャートはやっとワインボトルだけ刺し終わりました。
d0234812_112633.jpg

前の2本のボトルより細かい色の変化があって楽しくさせました♪
こんな小さなチャートでもきちんと立体感が出せる色使い。
クロスステッチの面白さだと思います。


d0234812_11454895.jpg

チャートのせいではないですが、昨日から二日酔いのような頭痛がしていて
夕食は食べれず、今朝はいただきもののミニトマトが朝食です。
とてもいい色だったので撮ってみましたが上手く色が出せませんでした^^;
淡くピンク色がかっていてかわいらしいトマトなんですが。。
昔ながらの酸味が勝った味でとてもおいしくいただきました。
[PR]
by ellecoco | 2011-08-18 11:50 | fremme | Trackback
秋の花 萩
d0234812_12112576.jpg

庭に自生している萩が花をつけていました。
暦の上では立秋もすぎていたんですね。
この萩は伸びてきては切られて、かなりいじめられているのに全く動じず、
気が付くと新しい枝を次々に伸ばしてきます。
もちろん枝も花も美しいのですが、自生した場所が悪く小さなほかの草花に影を作ってしまうんです。

根元だけが掘り起こされずに残っているだけなのに、こうして可愛い花をつけている。。
葉もまるくてかわいいし。。
いつか人間のエゴに負けて枯れてしまったときに、初めてその不在を嘆くことになるかもしれません。

今日は秋を感じてちょっぴりセンチに^^
[PR]
by ellecoco | 2011-08-12 12:28 | fremme | Trackback
まだまだ未完成の作品が・・2
d0234812_22433742.jpg

Haandarbejdets Fremme
Design:IDA WINKLERキット№30-3925
fremmeのアルファベットサンプラー。
このサンプラーはユキ・パリスさんの『イニシャル&モノグラムの刺繍―ヨーロッパ 文字の手仕事』にもコレクションとして掲載されています。
d0234812_2318316.jpg

ユキ・パリスさんのコレクションはどれも素晴らしく、たった一度展覧会を見ただけなのですが、
京都のミュージアムにも伺ってみたいと長年思っています。
著書はどれも画集のように眺めているだけでもため息ものなのですが
いくつか作り方も載っていたりするので、さらに夢が膨らむわけです♪

で、この未完成サンプラー。アルファベット部分が面白そうで刺しはじめたのに、建物のべた刺し部分で手が止まっています。
このところのfranceよりの気持ちでは、danmarkになかなか戻れなそうです^^
[PR]
by ellecoco | 2011-08-10 23:20 | fremme | Trackback
フレメのブログ
ずっと拝見させていただいているブログがあります。
最近お気に入りに登録させていただいたyukamikamamaさんのNeedlework Note。
fremmeファンの方ならきっとご存じだと思います。
なので、何をいまさらなのですが、
こちらのピンクッション、
d0234812_1045416.jpg

作り方まで丁寧に説明してくださっていて、
見つけてすぐに自分用に作ってしまいました。
そのページはこちら
周りのバックステッチの色合わせも絶妙で大好きなピンクッションです。
裏は、
d0234812_1010482.jpg

そのあと、いろいろな花や果実でピンクッションをいくつか作りましたが、人にわたって
その時のもので今残っているのは、↑のピンクッションとこれだけ。
d0234812_10292131.jpg

小さな余りリネンにステッチしたものなので、クッションには仕立て上げられず、
手元に残っています。
fremmeの薄い冊子に載っていたチャートです。
同じような2冊のイースター用の図案集。右のものはほとんど左の図案集に含まれていて、
左の方がお得です^^
ただ画像にも小さく映っている羊と鶏のチャートはありません。

d0234812_10241215.jpg

先の野の花は、ご存じこちら。
廃盤になるそうで残りわずか
新しい形で復刊され続けるはずだと思っています。
[PR]
by ellecoco | 2011-08-05 10:55 | fremme | Trackback
それぞれの時間と空間
今日になって日曜日の新聞を読んでいたら、ちょっとイイTOSHIBAの全面広告を見つけました。
d0234812_162170.jpg

画像が分かりにくいのですが、見開きのページに10年間分の(!)カレンダーが載っています。
その一コマ一コマ、つまり1日1日が、LED電球に映し出された男性のシルエットで表現されているんです。
両手で開いて持つ10年という月日の軽さ、見開きに収まりきる10年の短さ、を改めて思いました。
2011年8月をアップにしてみると、
d0234812_16131135.jpg

来週彼は、出張にいくようです。。
一人の人間の10年間・・
ちょっと面白い広告でした♪

こちらはfremmeで、クリスマス前の雑踏が描かれています。
d0234812_16193570.jpg

Haandarbejdets Fremme
Design:Gerda Bengtssonキット№34-2886_01

ある瞬間のそれぞれの人々の様子。。
一人一人に物語があるようで、見ていて飽きない図案です。
ショーウインドーの中には、光り輝くマネキンがあったり・・
d0234812_16283342.jpg

この金糸のステッチがクリスマスの季節の華やかさをあらわすのにすごく効いています。

↑のkit以タトにも、『Counted Cross-Stitch Designs for Christmas』にチャートが載っています。
こちらの本も比較的安価で入手しやすいうえに、有名なチャートが満載です。
[PR]
by ellecoco | 2011-08-02 16:49 | fremme | Trackback
mads stageのデザイン
d0234812_11362963.jpg

Haandarbejdets Fremme
Design:mads stageキット№17-6607

水彩画でも有名な方のようですが、fremmeのデザインでは、
1993年のカレンダーでその名前を知りました。
d0234812_13245399.jpg

果物や花など静物画のチャートもかわいいです。
色違いで黄色い果実の方は、カタログ№15のおまけチャートとしても掲載されていました。
いちばん上の画像より色あいはずっと明るくてきれいです。
d0234812_13384351.jpg

右がカタログ№15で、現行のカタログ(といってもまた新しいカタログに代わるようですが)は№16。
fremmeのカレンダーやカタログはオークションではお値段が高騰していて、
刺繍を楽しみたいのであれば、結局キットで買った方がお得なような気がしています。
一時収集癖がムズムズと湧いていろいろ集めてしまいました;反省
左は’93年カレンダーの11月のデザインです。このこまどり(?)はぜひ刺してみたいと思っています。
中央のキットのカラー見本はすべてmads stageのデザインです。
購入したベルプルは、
Haandarbejdets Fremme
キット№11-6608
幅が10㎝長さが90㎝の細長いもので、柊などの赤い実がかわいいクリスマスにぴったりのデザインです。
[PR]
by ellecoco | 2011-07-18 11:37 | fremme | Trackback