<< ぶたさんとクローバーの小箱のWS 手しごと三昧 >>
パリの宿題と三脚の椅子のリメーク
前回途中経過をチラッとお見せしていたモニクさんのクロスステッチ。
刺繍を終えて、裏布をミシンでざっと縫い付けました。
d0234812_0174569.jpg

クロスステッチの図案はMonique Lyonnetさんの『ABC textiles』より

HとPARIS2013の部分がパリでのワークショップの課題。
星や枠の部分は、上記の本よりモチーフを自由に組み合わせてみました。
思いつきで星を置くと、最後になんとなくバランスが、ムムム。。
右下にかがり縫いのステッチを施すと、いたずらっ子の男の子のイメージ。

ちいさな子どもはもういないのですが、遊び心が湧いてきて、
裏布にもちょっとキッチュな3匹の子豚を選んでみました。
なんだか顔がほころびます。
d0234812_03848100.jpg

パンヤが残り少なくなっていたので、クッションに仕上げるのはしばしおあずけ。

この生地の動物たちのいきいきとかわいいこと♪

布にプリントされたイラストの作家は残念ながら知らないのですが、
3匹の子豚の下に置いた絵本は、プロベンセン夫妻の『かえでがおか農場のいちねん』。
そして、こちらは
d0234812_0563390.jpg

パリの絵本市でキュンときて、作者もわからず買った子猫の絵本。
これも同じプロベンセン夫妻の手によるものでした。
後で気づいてとても驚きましたが、作風は違っても
動物の生き生きとした描かれ方には共通するものがあります。

このところすっかりこのモニクさんのクロスステッチに手を取られ、
他の刺繍はおあずけでした。
それでも目移りばかりしてしまう性格。

男前の刺繍^^をしていると、乙女なものにも手が、目がいきます。

そんな中、以前額装にしていた3脚の椅子に目が留まり、
・・・しばらく考え、ついに手を伸ばし・・・
エイ、と一気に変身させてしまいました。
d0234812_1135482.jpg

うさぎとりすのメタルパーツを座らせてみたりして。

裏地にはとっておきのリバティを。
d0234812_1194772.jpg


以前にもミニポーチを同じ図案で作っています。
並べてみると。
d0234812_1313640.jpg


宿題もやっと終えて、そろそろまた新しいものに目移りし始めています^^
[PR]
by ellecoco | 2014-03-02 01:39 | 刺繍/emboidery | Trackback
トラックバックURL : http://joliefil.exblog.jp/tb/20414964
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ぶたさんとクローバーの小箱のWS 手しごと三昧 >>