<< ピンキープをもう2つ・・ すみれのピンキープ >>
ぶどうのミニクッション
やっと仕上がりました。
d0234812_1283251.jpg

中にパンヤとラベンダーのドライフラワーを詰めて。
ラベンダーの香りのミニクッションがまた一つ増えました。
ミニクッションを置いた椅子に座った後立ち上がる度に良い香りがふっと漂います。

裏は、シンプル。
d0234812_12202399.jpg

すみれのピンクッションと同じくIKEAのコットンベルベット。
この色だと埃も目立ちません。

今日の庭からの贈り物たち。
d0234812_12212662.jpg

バラのタペストリーと一緒に。

こんな風に何度も花を写していると、
すごーく花に囲まれた生活みたいですが、庭に目をやるとほとんど緑。
バラの園のようなお宅は毎日摘み取ったお花はどうされているのでしょう・・
家じゅうがバラの香りに包まれているのでしょうね。

ほんのりピンクの花びらの芍薬が風に折られたのか、
くったりとお辞儀をしていました。
重たげなほかの白い芍薬も一緒に生けました。
d0234812_1232233.jpg

濃いピンクの右の2本はバラ。ポートメリオン。
無精者の育て主のせいで瀕死状態だったのを、
看病を続けて何とか持ち直してくれたようです。
左の一番濃いピンクは、芍薬の台木の花です。
もとは何色の芍薬だったのかも忘れてしまいました。
毎年元気に咲いています。

花柄摘みで摘んだバラたち。
d0234812_12392630.jpg

右上の薄い花びらの2本はスキャボロフェア。こちらも重体から回復したばかり。
少し華奢になった気がしますが、たくさん蕾をつけてくれています。
赤い小さなポリアンサは、マザーズデイ。コロコロしています。
あとは、少し前に紹介済みのセプタードアイルとコントゥ・ドゥ・シャンボール。
咲きすすむと花の形も少しずつ変わっていくのもたのしいです。

今回のミシン作業は、嘘のように縫い目が整いうまくいきました。
古い絹のミシン糸が収納箱の奥から見つかって
それを使ってみたのですが、
糸のおかげ?

ミシンを変えなきゃかな。。と思っていたのに
糸ひとつでこんなに違うなんて。目から鱗の出来事でした。
[PR]
by ellecoco | 2012-06-04 13:02 | 刺繍/emboidery | Trackback
トラックバックURL : http://joliefil.exblog.jp/tb/15981879
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ピンキープをもう2つ・・ すみれのピンキープ >>