<< une boite orné ... Compagnie des O... >>
Là bas chante la forêt 森のうた2
1日と12日、2つの入学式を無事見届けて、久しぶりの我が家へ。
その前にもう一度アトリエでレッスンを・・(どちらがメインの上京だか・・??)

今回は森の木の葉のロング&ショートSを中心に教えていただきました。
d0234812_1232649.jpg

少ない色でも色の重なりで複雑なグラデーションに見える・・
やはり刺繍は楽しいです♪
一番下に少しだけ顔をのぞかせているのは野うさぎ。
途中で時間になってしまいました。自己流でやってもおもしろいかも。。
とも思いましたが、大事な部分だと思うので、次回しっかり教えていただくことにして
葉っぱの部分は、ぬり絵をする感じで家でちくちく刺し進めたいと思います。

それからこちら、
d0234812_12461712.jpg

合わせる生地が手元になかったため、後回しになっていました。
以前作ったオーバルの小箱の裏生地の余りが合いそうです。
初めてアトリエのショップに参加した時の思い出の品。
貴重なケルシュの生地と一緒にキットになっていました。
↑の赤いステッチの生地もアンティークじゃないかな。
詳しくないので定かではありませんが・・

裏糸が糊付けの際に表にひびくようなので、
裏に薄い接着芯を張ってみました。あまり意味がないかも・・
これから、工作タイムです♪

その前に、
備忘録をいくつか・・

まずは今日のgoogleの検索画面、
ロベール・ドアノーの生誕100年にちなんだロゴになっています。
なつかしいのでまた本棚から写真集を取り出してみました。
d0234812_1393668.jpg

新婚旅行中のパリからお互いにハガキを出し合って///テレ・・
主人から届いた絵葉書がドアノーのものだったはず・・と探したものの見つからず
代わりに見つかったのが、↑のチケット。
1988年!少し前のはずが、いつも10年、20年前になってしまう。
でも、これは主人と行った覚えが・・ない;;;アレレ・・

で、クッキーの話。
お土産に成城アルプスのクッキーを買いました。
d0234812_13254419.jpg

クッキーももちろんおいしいのですが、
入れてある缶がゴールドで、経年とともに良い感じに錆色のポツポツが入って
お気に入りです。
包装紙も東郷青児の絵がシックです。
東郷青児の絵入りの包装紙といえば、自由が丘のモンブランのクッキーも大好きでした。
バターたっぷりに甘くて・・
今はonline shopでそのティーコンフェクトも買えるようです。

もう一つ今回発見したのが、AU BON VIEUX TEMPSオーボンヴュータン。
偶然高島屋の地下の売り場を見つけました。
尾山台にあるためわざわざ出かけて買わなければならず、ずいぶん足が遠のいていました。
どれもご存じの方には、何をいまさらの情報ですよね。

うれしくて、定番のプティフールセックとさらに
缶がかわいくて
d0234812_13575867.jpg

プラリネも。。味もおいしかった♪です
[PR]
by ellecoco | 2012-04-14 14:09 | 刺繍/emboidery | Trackback
トラックバックURL : http://joliefil.exblog.jp/tb/15721456
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< une boite orné ... Compagnie des O... >>