<< フライステッチとフレンチノット 2 果物モチーフでおりたたみBOX >>
Broder avec 1fil de coton sur 2fils de tissu
Compagnie des OuvragesのLe loup, le Renard。。
文字や枠の部分を刺していても特に感じなかったのですが、樹のべた刺しを始めると、ん?
なんだかクロスステッチがスカスカで美しくありません。
それでも、フレメのクロスステッチになれていると、この細かい目の麻布では、1本でも刺し辛いくらいです^^;
それに、チャートにはタイトルに書いたBroder avec 1fil de coton sur 2fils de tissuの指南の文字が
わざわざ大きく書かれています。
d0234812_1124695.jpg

悩んだ時のjeudefils。
確か途中経過の画像があったはずと、調べさせてもらいました。
よくよく目を凝らしてみると・・2over2に見えます。
あ~やっぱり、次のレッスンの時に確認してから始めるんだった!
と、反省することしばし。
今さら落ち込んでいても仕方ないので、早速刺した上から1本どりで刺し足して見ることに・・
d0234812_11244958.jpg

Leの文字部分だけ上から1本足してあります。
う~ん。。ま、良しとしよう!
このまま刺し終えた部分は上から足して、これからの所は2本どりで刺すことに。

netで検索してみると、同じチャートで完成させられた方の作品も見つけました。
こちらも文字部分の差はわかりにくいのですが、ベタ刺しの部分のぷっくりと柔らかく整った目からみて、
やはり2over2でさしていらっしゃるよう。。
完成された作品を見て、俄然やる気がムクムクと・・^^単純なんです

最終的には好みの問題なのでしょうが、ぷっくりかわいらしい目が好みなので、
刺しなおします。やれやれ。。

個人的なお詫びですが、
一緒に始めたブログ仲間のCさんには、軽く1over2で、なんて言ってしまって大変申し訳ないことをしました。ごめんなさい。他にも刺しはじめた方などいらっしゃったら、どうか、もういちど確認なさってみて下さい。

以上書いた後に、また新しい事実が発覚。
2本どりで刺すと糸が足りなくなるとか。。
ということは、やはり指定どおりに1本で?
悩ましい。。ちょっともう一考慮必要かも。やれやれ。。

最後にfremmeの途中経過を・・
d0234812_11443326.jpg

花糸の中でもひときわ派手なオレンジ色を使用するので、少し不安でしたが、
赤とオレンジのグラデーションがすばらしく、冬の北欧の暗い空の下で培われたに違いない
色彩感覚に見とれてしまいます。
fremmeの麻布と花糸の刺し心地の良さも改めて見直しています。
[PR]
by ellecoco | 2011-11-07 11:57 | 刺繍/emboidery | Trackback
トラックバックURL : http://joliefil.exblog.jp/tb/14898557
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< フライステッチとフレンチノット 2 果物モチーフでおりたたみBOX >>